中国がRCEPに加え、CPTPP参加にも意欲を示した理由―中国メディア

Record China    2020年12月20日(日) 19時0分

拡大

18日、中国新聞網は、RCEPに署名した中国がさらにCPTPPへの参加に積極的な姿勢を示した背景について解説する記事を掲載した。資料写真。

2020年12月18日、中国新聞網は、RCEPに署名した中国がさらにCPTPPへの参加に積極的な姿勢を示した背景について解説する記事を掲載した。

記事は、地域的な包括的経済連携(RECP)に署名した中国が、今月16~18日に開かれた中央経済工作会議で環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPPまたはTPP11)への全面的な参加を積極的に考慮する方針を打ち出したことを伝えた。

そして、中国国際貿易促進委員会研究院の趙萍(ジャオ・ピン)副院長が中国のCPTPP参加検討について「より高水準な開放により国内の改革と発展を促す姿勢の表れであり、中国が自由貿易圏ネットワークを拡張する方向性を持っていることを示すだけでなく、対外開放を一層広い範囲、分野に、深い階層にまで広げる意思を示すものだ」との考えを示したことを紹介している。

また、中国商務部研究院地域経済協力研究センターの張建平(ジャン・ジエンピン)主任が中国のCPTPP加入における障害として、CPTPPがサービス貿易分野で原則として規制がないネガティブリスト方式を採用しているのに対して中国は今なお自由化の範囲が狭いポジティブリスト方式を続けている点を指摘し、中国が新たに「制度型の改革開放」を通じて貿易の管理方式や制度を改善し、21世紀の国際的な貿易投資ルール体系にアジャストしていく必要があると述べたことを伝えた。

さらに、北京大学国家発展研究院の余●傑(ユー・ミャオジエ、●は水3つ)副院長は、CPTPP加入に向けて中国がやるべきこととして、商品貿易におけるさらなる輸入関税や税関手続きコストの引き下げ、サービス貿易におけるネガティブリスト方式の導入、投資において自由貿易試験区で実施している「参入前内国民待遇+ネガティブリスト」方式を段階的に全国に広げること、そして知的財産権の保護をしっかり行い、企業のイノベーションを奨励することの4点を挙げたとしている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携