<調査捕鯨>国際司法裁判所で敗訴の日本、それでも捕鯨を継続か―中国紙

配信日時:2014年4月3日(木) 14時32分
<調査捕鯨>国際司法裁判所で敗訴の日本、それでも捕鯨を継続か―中国紙
画像ID  416717
3日、新聞晨報は記事「現行プロジェクトを修正か、日本は捕鯨継続を希望」を掲載した。林芳正農水相は「科学的根拠に基づき持続可能な利用を継続する」方針は変わらないと訴えている。日本はなんらかの方法で調査捕鯨を継続するとみられている。資料写真。
2014年4月3日、新聞晨報は記事「現行プロジェクトを修正か、日本は捕鯨継続を希望」を掲載した。

その他の写真

日本による南極海での調査捕鯨の中止を求めて豪州が提訴した件で、国際司法裁判所(ICJ)は日本の国際捕鯨取締条約違反を認定した。大量の捕鯨は科学研究目的とは認められないとの判断だ。

日本政府は「遺憾と失望」を表明しつつも、判決を順守する姿勢を示している。ただし岸田文雄外相は判決を子細に検討した後に対応を検討すると含みを見せたほか、林芳正農水相は「科学的根拠に基づき持続可能な利用を継続する」方針は変わらないと訴えた。

新聞晨報は修正を加えた上で調査捕鯨を継続する可能性が高いと指摘している。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事