日米仏が来年に日本周辺で合同軍事演習、「尖閣諸島で行う可能性も」と中国メディア

Record China    2020年12月10日(木) 17時20分

拡大

9日、網易は、日本、米国、フランスが来年日本付近の「無人島」で実施する合同軍事演習について「尖閣諸島で行う可能性さえある」と報じた。

2020年12月9日、網易は、日本、米国、フランスが来年日本付近の「無人島」で実施する合同軍事演習について「釣魚島尖閣諸島の中国名)で行う可能性さえある」と報じた。

記事は、日本メディアの報道として、日米仏の3か国が来年5月に初めての陸海合同軍事演習を開催することですでに同意した可能性があると紹介。この演習が日本の「年間を通じて人が居住していない島」で行われる見込みで、自然災害発生時の緊急救援連携が主な目的だと紹介した。

その上で「本来アジアの日本、欧州のフランス、北米大陸の米国が一緒に軍事演習をする必要はない。ターゲットはわれわれ中国だ」と主張するとともに、緊急援助が目的の訓練であれば陸・海の大規模な軍備を出動させる必要はないとし、演習には別の目的があるとの考えを示したほか、演習を行うとされる「無人島」が尖閣諸島になる可能性さえあるとしている。

また、アジア太平洋地域では来年、日米仏3か国の演習以外にも「非常ににぎやかになる可能性がある」とし、英国が来年年初にクイーン・エリザベス級空母を中心とする空母打撃群を日本沖に長期派遣する意向を示しており、日米両国との合同軍事演習に参加する可能性があると伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携