中国、2年連続で世界ユニコーン企業トップ500の首位に―中国メディア

人民網日本語版    2020年12月5日(土) 11時20分

拡大

今年の世界ユニコーン企業トップ500のうち、中国の企業数が217社、時価総額が9376億9000万ドルでいずれも世界一。中国は2年連続でランキングの首位になった。写真はTik Tok。

「デジタル経済パイオニア:世界ユニコーン企業トップ500報告書(2020)」及び「世界ユニコーン企業トップ500ランキング2020」が2日、青島市で開かれた世界ユニコーン企業トップ500大会2020で正式に発表された。同報告書によると、今年の世界ユニコーン企業トップ500のうち、中国の企業数が217社、時価総額が9376億9000万ドルでいずれも世界一。中国は2年連続でランキングの首位になった。中国新聞網が伝えた。

同報告書によると、今年のトップ500の地域分布には大きな偏りがあり、中国と米国が81.8%を占めた。米国は今年振るわず、企業数は192社、時価総額は8050億7000万ドルで、前年より1社減となった。

同報告書によると、今年7月31日現在の世界ユニコーン企業トップ500の時価総額は前年同期比8%増の2兆100億ドルで、この規模は昨年の世界GDPランキング8位のイタリアを上回っている。5年内に世界ユニコーン企業トップ500の時価総額が英国とフランスのGDPを超える見通しだ。

「世界ユニコーン企業トップ500ランキング2020」のうち、米国のWaymoと中国の字節跳動(バイトダンス)が1000億ドルの時価総額で首位タイとなった。しかし米国最大のユニコーン企業のWaymoの時価総額は、昨年の1750億ドルから1000億ドルと43%も減少した。一方で、中国の字節跳動は昨年の750億ドルから1000億ドルと33%も増加した。

今回発表された「世界ユニコーン企業トップ500報告書(2020)」は、中国人民大学中国民間企業研究センターと北京隠れユニコーン情報科学技術院のデータバンクによってまとめられた。今回は昨年に続く2回目の発表。マンマシン融合スマート技術によりユニコーン企業トップ500を選出した。同報告書は世界ユニコーン企業トップ500の最新の発展を全面的に説明し、科学技術イノベーション企業の成長モデルを打ち出し、世界ユニコーン企業トップ500の基本構造と発展状況を分析するとともに、世界ユニコーン企業トップ500の未来の発展を展望した。

世界ユニコーン企業トップ500大会2020は「イノベーションの価値、論理と生態」をテーマとし、青島市人民政府と中国人民大学中国民間企業研究センターが共催。世界ユニコーン企業トップ500の代表者、隠れユニコーン企業の代表者、国内外の有名金融・投資機関の代表者、有名専門家・学者など300人の来賓が出席した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携