日韓はなぜSu-35にも勝てないF-35に殺到するのか―中国メディア

Record China    2020年12月3日(木) 6時20分

拡大

30日、新浪は「Su-35にもかなわないF-35を、どうして日本や韓国は欲しがるのか」とする記事を掲載した。写真はF-35。

2020年11月30日、新浪は「Su-35にもかなわないF-35を、どうして日本や韓国は欲しがるのか」とする記事を掲載した。

記事は、あるネットユーザーから「中国周辺で日本、米国、韓国がF-35ステルス戦闘機を増やし続けているが、われわれはどう対応したら良いのか。視界外射程ミサイル(BVR)戦闘ではロシアのSu-35にすら勝てる確証がないF-35を、どうして日米韓は大枚を叩いてまで導入しようとするのか」との疑問が寄せられたことを紹介した。

その上で「Su-35は20海里以遠のBVR戦闘距離にてF-35を発見、ロックオンできるが、F-35は数十海里、さらには100海里離れたところからでもSu-35を発見し、有利なポジションを取ることができる」と伝えた。

また、日本や韓国は主に国土の防衛作戦に重きを置いており、F-35のBVR戦闘能力を十分に発揮させるデータチェーンを整備していると説明。この状況においてF-35が持つ観察、状況判断、意思決定、行動というOODAループの強みがより顕著に発揮されることから、両国は積極的にF-35を導入しているとの見解を示した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携