李克強首相「より高いレベルの対外開放を推進し、さらに多くの互恵・ウィンウィンを実現」―中国

人民網日本語版    2020年11月25日(水) 16時30分

拡大

中国の李克強首相は24日北京で、テレビ会議形式で第5回「1プラス6」円卓会議を開いた。

中国の李克強首相は24日夜に北京で、世界銀行のマルパス総裁、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事、世界貿易機関(WTO)のウルフ事務局次長、国際労働機関(ILO)のライダー事務局長、経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長、金融安定理事会(FSB)のクオールズ議長とテレビ会議形式で第5回「1プラス6」円卓会議を開いた。会議では、「ポストコロナ時代の世界経済の回復と成長を促進」をテーマにし、世界経済や中国経済の状況、ポストコロナ時代のグローバル経済ガバナンスなどについて踏み込んだ意見交換を行った。新華社が伝えた。

李首相は、中国の第14次五カ年計画期間中の取り組みについて、「改革・イノベーションを根本的な原動力とし、市場化・法治化・国際化したビジネス環境作りを加速していく。新たな発展構造を築き、内需拡大と対外開放を相互に促し、より高いレベルの対外開放を推し進め、知的財産権の保護を強化し、国内企業と外資系企業間の公平な競争を促し、さらに多くの互恵・ウィンウィンを実現する」と指摘した。(提供/人民網日本語版

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携