台湾、自前による初の潜水艦建造を開始=米華字メディア「米国が舞台裏で技術や機器を提供」

Record China    2020年11月25日(水) 16時40分

拡大

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞は25日、台湾で自前による初の潜水艦の建造が始まったことに関連し、「米国が舞台裏で技術や機器を提供している」と報じた。写真は中華民国総統府のホームページより。

(1 / 2 枚)

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞は25日、台湾で自前による初の潜水艦の建造が始まったことに関連し、「米国が舞台裏で技術や機器を提供している」と報じた。

その他の写真

記事によると、台湾南部の高雄市で24日、準備に約4年間を要した自前による初の潜水艦の建造が始まった。2025年に試作艦が引き渡される見通しという。

記事は、蔡英文総統らが出席した着工式に米国在台協会(AIT)台北事務所のブレント・クリステンセン所長も出席したことが中国の不満を招く可能性があると報じた。

また、16年に総統に就任した蔡氏が、台湾と中華人民共和国が「一つの中国」であるとする「92年コンセンサス」を受け入れていないことが、両岸関係の急激な悪化を招いたとし、中米関係の緊張が続く中、米国の政権が最近、不断に台湾への支持を強めていることが北京の怒りを招き、中国当局が台湾独立を目指す「頑迷分子」のリスト化を進めているとも伝えられているとした。

さらに、台湾が自前で製造できないと伝えられている作戦システムや、ディーゼルエンジン、魚雷、ミサイルなどのシステムについては、米国による輸出承認を得られていないが、台湾海軍当局は、米国側がすでにゴーサインを出しており、建造の進行が遅れることはないと明らかにしていると報じた。

その上で、中国外交部の報道官が以前、台湾への武器販売について、「米国やその他の関係国が、このことの敏感性と危険性をはっきりと認識し、一つの中国の原則を着実に守り、関連企業がいかなる形においても台湾の潜水艦建造計画に参加することを許さず、いかなる形式においても台湾との軍事関係を停止し、台湾に関わる問題を慎重かつ適切に処理し、中国との関係や台湾海峡の平和と安定を損なうことを避けるよう促したい」とコメントしたことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携