中国J-20のステルスの秘密が明らかに―米華字メディア

Record China    2020年11月25日(水) 8時20分

拡大

23日、米華字メディア・多維新聞は、中国の最新型ステルス戦闘機J-20のステルス性能の秘密がこのほど出現した写真で明らかになったと報じた。

2020年11月23日、米華字メディア・多維新聞は、中国の最新型ステルス戦闘機J-20のステルス性能の秘密がこのほど出現した写真で明らかになったと報じた。

記事は、近ごろネット上でJ-20の新しい写真が出回っており、これまで膨らみに隠れていたインレットダクトのS字形状が明らかになったと紹介。このダクトが同機のステルス性能に大きな役割を果たしていると伝えた。

そして、同機のインテークにはダイバータレス超音速インレット(DSI)が採用されており、最大有効速度がマッハ2.0に達するとした上で、境界層隔壁などが省略できるDSIの特性により、米国のF-22戦闘機に比べて重量と複雑性の問題が大幅に改善されていると説明。DSIは従来のインテークに比べて30%前後軽量化できる上、維持コストも削減できると紹介した。

また、DSIは境界層を圧縮する膨らみによって強いレーダー反射源が排除されるメリットがあるとした。さらに、設計が難しいとされるステルス戦闘機のインレットダクトについてJ-20戦闘機はS字形状を採用しており、コストがやや高くなる形状であり、一定の吸気損失が生じるものの、ステルス性能を高めるダクト形状を実現したとしている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携