中国製ワクチン各国に到着、インドネシア大統領「良い知らせ」、ブラジルの州知事は空港に出向く―中国メディア

Record China    2020年12月8日(火) 13時20分

拡大

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は8日、「中国製の新型コロナウイルスワクチンが続々と各国に到着」とする記事を掲載した。写真は上海浦東国際空港。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は8日、「中国製の新型コロナウイルスワクチンが続々と各国に到着」とし、インドネシア、ブラジル、トルコについて伝えた。

インドネシアについては、同国の有力メディア、KOMPAS(コンパス)の7日付報道を引用。新型コロナウイルスのワクチン第1便として、北京の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の120万回分が6日夜、ジャカルタに到着し、ジョコ大統領が声明で「良い知らせだ」と歓迎したと紹介した。

ブラジルについては、「サンパウロ州は、4500万回分を超える数のシノバック製ワクチンを注文しており、そのうちの100万回分はすでに到着している」とし、「ブラジルのニュースサイトG1によると、同州のドリア知事は4日、空港に出向いて中国からのワクチン第2便の到着を迎え、謝意を述べた」と伝えた。

トルコについては、「シノバック製ワクチン5000万回分の購入契約を結んでいる」と紹介。コジャ保健相が2日、第1便が11日に到着予定だとした上で、「当局がワクチンの安全性などを評価し、国の基準に沿っていることが判明すれば緊急使用の許可を与える。順調に行けば、トルコは、新型コロナウイルスの予防接種を開始する世界で最初の国の一つになるだろう」と語ったことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携