世界最古の軍事シンクタンク「空軍の装備で中国はロシアを追い抜きつつある」―米華字メディア

Record China    2020年11月17日(火) 6時0分

拡大

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞によると、世界最古の軍事シンクタンク、英国王立防衛安全保障研究所はリポートで、「空軍の装備で中国はロシアを追い抜きつつある」と指摘している。写真はSu-35。

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の14日付報道によると、世界最古の軍事シンクタンク、英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)はリポートで、「空軍の装備で中国はロシアを追い抜きつつある」と指摘している。

多維新聞が米誌フォーブス(電子版)の10日付報道を引用する形で伝えたところによると、RUSIのリポートは、中国とロシアの現在の空軍力を分析し、「弟子(中国)はすでに親方(ロシア)を追い抜いている可能性がある」とした。

リポートは、「中国はロシアを凌駕する高度な戦闘機、センサー、兵器産業を発展させている」「中国は、戦闘機開発のほとんどの面でロシアに対して明確な技術的リードを築き始めている」「ロシアは、中国と比較して、産業構造面や予算面で劣勢であり、一度失われた競争上の優位性を取り戻せる可能性は低い」「ロシアが中国に対して優位性を維持している唯一の分野は航空エンジンだ」などと指摘している。

リポートによると、中国の新型戦闘機J-11Dにはアクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーが搭載されており、ロシアのSu-27ファミリーで最新鋭のSu-35を上回っている。J-16もベースとなったSu-30に大幅な改良が加えられている。J-20も、米国のF-22には劣るものの、米国以外で設計された最初の「信頼して運用可能な」第5世代ステルス戦闘機とみなされている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携