日本のメディアが報じた情報に、台湾当局もビックリ―中国紙

Record China    2020年10月15日(木) 12時0分

拡大

14日、中国紙・環球時報は、日本のゴシップ紙が報じた米トランプ大統領に関する報道に、台湾当局にも衝撃が走ったと報じた。

2020年10月14日、中国紙・環球時報は、日本のゴシップ紙が報じた米トランプ大統領に関する報道に、台湾当局にも衝撃が走ったと報じた。

記事は「先日、日本の三流ゴシップメディアが、米トランプ大統領について突然の台湾訪問予定がある、台湾を国だと認める姿勢だなどと報じた」と紹介。この件がネット上で拡散すると「台湾独立主義者や香港独立主義者が興奮、狂喜した」と伝えた。

そして、複数の台湾メディアがこの件について「日本メディアの記者の想像」と報じた他、駐米台北経済文化代表処の蕭美琴(シアオ・メイチン)代表も「米国側とのコミュニケーション時にそのような話は聞いておらず、コメントのしようがない」と語ったことを伝えている。

台湾メディア・中央社は、台湾の国家安全局関係者の話として「日本メディアに対する理解があるならば、今回の情報ソースがゴシップメディアであることがわかるはず。大統領選まで1カ月を切り、各陣営がラストスパートを仕掛けようという時期であればなおのこと、トランプ氏が台湾を訪問している時間などないだろう」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携