日米豪印「中国包囲網」、アナリスト「具体的な手順で合意難しい」―中国メディア

Record China    2020年10月9日(金) 5時20分

拡大

参考消息によると、日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国による「中国包囲網」について、アナリストは「具体的な手順について合意することは難しい」との見方を示している。写真は上海。

中国国営新華社通信系の参考消息は8日、日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の外相会合が6日、東京都内で開かれたことに関連し、4カ国による「中国包囲網」について、アナリストが「具体的な手順について合意することは難しい」との見方を示していると報じた。

米AP通信の6日付報道を引用して伝えたもので、それによると、ポンペオ米国務長官は会合で、「この地域での中国の行動はますます積極的なものとなっている」とし、「クアッド(Quad)」と呼ばれるインド太平洋の4カ国の協力が「これまで以上に重要になる」と述べた。

茂木敏充外相は、クアッドのメンバーが定期的な協議を開催するとともに、他国との協力も拡大すべきだと提案した。

だがアナリストは、「クアッドの各メンバーは中国に対して独自の政治的立場を有している。中国が共通の脅威であるという認識を共有していても、具体的な手順について合意することは難しい」と述べている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携