日本の貨物船重油流出事故への政府対応に不満、モーリシャスで再び大規模デモ―中国メディア

Record China    2020年9月14日(月) 11時0分

拡大

インド洋の島国モーリシャスで12日、日本の貨物船「わかしお」の座礁による重油流出事故への政府の対応に抗議する大規模なデモが再び行われた。

(1 / 2 枚)

中国国営中央テレビ(CCTV)のニュースサイトの13日付報道によると、インド洋の島国モーリシャスで12日、日本の貨物船「わかしお」の座礁による重油流出と現場付近でのイルカの大量死、重油の回収作業に当たっていたタグボートが転覆し作業員3人が死亡、1人が行方不明となったことなどへの政府の対応に抗議する大規模なデモがあった。

その他の写真

デモは座礁現場に近い南東部のマエブールで行われ、数万人が参加した。参加者らは、政府の対応の遅れなどを批判し、事故原因の調査結果を一日も早く公表するよう求めた。

政府の対応を批判する大規模デモは8月29日にも首都ポートルイスで行われ、地元メディアは十数万人が参加したと報じていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携