Record China

ヘッドライン:

インドネシアが韓国型戦闘機の共同開発を放棄?=韓国ネットは怒り「独自開発を」

配信日時:2020年9月9日(水) 16時40分
拡大
8日、韓国・中央日報は、韓国と共同で次世代戦闘機の投資・開発を進めているインドネシアが、事業を放棄するのではとの懸念が浮上していると伝えた。写真はKF-X。

2020年9月8日、韓国・中央日報は、韓国と共同で次世代戦闘機(KF-X)の投資・開発を進めているインドネシアが事業を放棄するのではとの懸念が浮上していると伝えた。

オーストリア紙「The Kronen Zeitung」によると、クラウディア・タンナー国防相が6日、自国空軍の戦闘機ユーロファイター・タイフーンの売却についてインドネシアと協議を進めていると明らかにした。インドネシアのプラボウォ・スビアント国防相が7月に購入の意欲を示したという。

永世中立国のオーストリアが保有する空軍戦闘機はユーロファイター18機のみで、15機が1人乗り、3機が訓練用の2人乗りだという。2002年の導入時の不正が発覚し、検察の捜査まで行われており、オーストリアは15機を20年から段階的に退役させる方針だったという。

記事は「問題はインドネシアだ」と強調し、「KF-X開発のパートナーとして1兆7000億ウォン(約1520億円)の投資を約束したが、現在までに納付が済んでいるのは2272億ウォン。インドネシア側は自国の経済事情と財政難を理由に挙げているが、裏ではKF-X以外の戦闘機を調べている」と指摘している。さらに「米国のF-35、F-16V、ロシアのSu-35、フランスのラファールに関心を示している」と伝えている。

ある防衛産業関係者は「インドネシアが負担金の一部を現金ではなく現物で支払う考えを示し、韓国は困惑している」と話している。これに対し、防衛事業庁は「負担金納付の遅延は事実だが、事業は継続するという意思を表明している」「迅速な納付に向け、現在、実務協議を進めている」とコメントしているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「懸念だって?。インドネシアなしでは、ここまで進めてきた事業がパアになるのか?。こんな事業からは下りると言えばいい!」「韓国に金がないから、技術も金もないインドネシアと協力してると思ってるのか?。完全にばかにされてるぞ。もうインドネシアを捨てよう」「インドネシアはこの事業から外すべき」「目を覚ましてインドネシアと手を切ろう。違約金はちゃんともらってよ」「この調子で独自開発すればいい」など、怒りのコメントが殺到している。

また、「インドネシアが『他国の戦闘機購入を打診』というニュースを流して韓国との再交渉を狙ってるんだろう」と予想する声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング