Record China

ヘッドライン:

米国防長官の中国関連寄稿に中国外交部が反論―中国メディア

配信日時:2020年8月27日(木) 14時50分
拡大
「米国防総省は中国に対処する準備が整っている」とするエスパー米国防長官の寄稿について、中国外交部の趙立堅報道官は全く根拠がないとした上で、同氏に「1つの忠告、2つの事実、3つの問題」を突き付けた。

「米国防総省は中国に対処する準備がすでに整っている」とするエスパー米国防長官の24日の寄稿について、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官は26日の定例記者会見で、エスパー氏の主張には全く根拠がないとした上で、同氏に「1つの忠告、2つの事実、3つの問題」を突き付けた。

■「1つの忠告」

中国側の発表した「中国に関するポンペオ氏演説のうそと真実」を真剣に読むことをエスパー氏に望む。そこに記された数多くの事実と統計は「中国の脅威」なるうそとでたらめな論理を暴き、粉砕するに十分だ。

■「2つの事実」

一、1990年以降、中国軍は累計20余りの国連平和維持活動(PKO)に参加し、延べ4万人余りの平和維持軍事要員を派遣してきた。中国は国連安保理の5つの常任理事国の中で、PKO部隊を最も多く派遣している国だ。

二、米国が戦争をしなかった期間は、建国から240年余りの歴史においてたった16年間しかない。米国の2019年の軍事予算は7160億ドル以上で、後に続く9カ国の軍事費の総和に相当する。

■「3つの問題」

中国は防御的国防政策を遂行しており、『中国共産党規約』においても『中華人民共和国憲法』においても平和的発展路線を堅持し、覇権主義に反対することを明確に表明している。米国はこのような政策を表明できるのか?世界中に数百の軍事基地を持ち、イラク、シリア、リビア等に対して不法に戦争や軍事行動を発動し、本土から遠く離れた海域に艦艇や航空機を派遣して大いに武力を誇示しているのはどこの国だ?冷戦思考に固執し、条約の破棄や国際機関からの脱退を繰り返し、他国にプレッシャーを振りかざし、国際ルールをほしいままに破壊しているのはどこの国だ?米国の一部の政治屋も事実を尊重しさえすれば、正しい答えを導き出せるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング