インド空軍元司令官「J-20は脅威ではない、練習機で中国軍を消滅できる」―米華字メディア

Record China    2020年8月26日(水) 20時20分

拡大

中国とインドの間で国境を巡る緊張が増す中、インド空軍の元司令官は、中国のステルス戦闘機J-20について、「ステルス性能は高くない。インド軍にとって脅威ではない」との見方を示した。写真はJ-20。

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の25日付報道によると、中国とインドの間で国境を巡る緊張が増す中、インド空軍の元司令官Raghunath Nambiar氏は、中国のステルス戦闘機J-20について、「ステルス性能は高くない。インド軍にとって脅威ではない」との見方を示した。

インドの大手ポータルサイト、rediff.comに24日付で掲載された記事によると、Raghunath Nambiar氏は、インド空軍の退役准将Nitin Sathe氏のインタビューでJ-20について、「米空軍のステルス戦闘機F-22に似ているが、カナード翼の航空機はステルスになることができるのだろうか。私の感覚では、ステルス性能はSu-30と同等であり、全く脅威ではない」とした。

さらに、「チベット自治区は標高が高いため、J-20の操縦は困難だ。中国の防空も、ヒマラヤに覆われているため、反応時間ははるかに短くなる」「S-300や400のような優れた長距離地対空ミサイルシステムを持っているとしても、そのような重いものは道路の近くや谷間に配備しなければならない。山中の見晴らしの良い場所に配備することは困難だ」とした。

そして、「中国軍が使用できる前線の飛行場を選別できれば、インド空軍は制限を受けることなく攻撃できるだろう。MiG-21戦闘機や練習機ホークでさえ、中国軍を消滅できる」とした。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携