Record China

ヘッドライン:

滝下りに挑戦するも、19時間ぶら下がり状態となり死亡―中国

配信日時:2020年8月25日(火) 19時50分
拡大
24日、新聞晨報は、滝下りに挑戦した人が19時間ぶら下がり状態となって死亡したと伝えた。

2020年8月24日、中国メディアの新聞晨報は、滝下りに挑戦した人が19時間ぶら下がり状態となって死亡したと伝えた。

記事によると、中国貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県にある滴水灘の滝で23日、68歳の男性と30歳前後の女性が滝下りに挑戦している途中でぶら下がり状態となってしまった。現場に駆け付けたレスキュー隊によると、24日早朝に現場に到着し救助活動を始めたが、2人にはすでに生命兆候がなかったという。

レスキュー隊の王(ワン)隊長は救助の際、「男性は途中でぶら下がり状態となっており、もう1人の女性は水の深みの中だ。水の勢いが強すぎるため2人に近づく方法を考えているところだ」と語っていた。

警察によると、この一行は5人で来ており、23日夜に滝を下ろうという話になったが、3人は高すぎるため滝下りに加わらなかった。2人が滝下りを始めてからこの3人はドローンを使って2人がぶら下がり状態になったことを発見したそうだ。

関嶺プイ族ミャオ族自治県人民政府の公式サイトによると、滴水灘の滝は高さ計410メートルで、上段の「連天滝」、中段の「衝坑滝」、下段の「高潭滝」という3つの滝で構成されているという。記事は、13年頃から滴水灘の滝はアウトドア愛好家に人気の滝下りスポットとなっていたと伝えている。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング