Record China

ヘッドライン:

韓国のネット暴力深刻、タレントやスポーツ選手の自殺相次ぐ―韓国メディア

配信日時:2020年8月7日(金) 17時0分
拡大
5日、悪質コメントを苦にして女子プロバレーボール選手が自殺したことを受けて、韓国バレーボール連盟がスポーツニュースへのコメントやスレッドを禁止するよう申し入れた。

2020年8月5日、韓国・聯合ニュースなどは、韓国国内でネット上の言葉の暴力が深刻化している現状を伝えた。

記事によると、2019年10月14日に人気女性アイドルグループ「f(x)」の元メンバーで歌手・女優のソルリさんが、ネット上の悪質なコメントに苦しんだ末に25歳の若さで自殺するなど、芸能人の自殺が相次いだ韓国では、国会でネットの準実名制を導入する通称「ソルリ法」が発議され、「NAVER(ネイバー)」や「Daum(ダウム)」、「NATE(ネイト)」の大手ポータルサイト3社が芸能ニュースのコメント欄を廃止し、悪質コメント根絶に向け取り組んでいるが、スポーツ界にはまだ波及していないという。

8月1日に25歳で亡くなった女子プロバレーボール選手のコ・ユミンさんは、「よく眠れなかったほど」と関係者が証言するほど、悪質なコメント(悪プル)にストレスを受けていたという。コさんは所属チームの事情により、慣れないポジションへコンバートされたが、相手チームの集中攻撃の対象になり成績が振るわず、3月にチームを離れた。しかし、その後も悪質な書き込みが続き、5月にはSNSを通じて不満を吐露していた。

コさんの自殺を受け、韓国バレーボール連盟(KOVO)は、「芸能ニュースのコメント機能を廃止しても、スポーツニュースのコメント機能が残っていては、悪質なコメントは阻止できない。アスリートの苦しみを軽減するためにも変更が必要だ」と述べ、韓国内の各ポータルサイトへスポーツニュースに対するコメントやスレッドを禁止するよう申し入れた。また、アテネ五輪の卓球シングルスの金メダリストで、現在はIOC選手委員を務める柳承敏(ユ・スンミン)大韓卓球協会会長は、「プレッシャーにさらされるスター選手のほとんどが、未成年や二十歳で社会経験を欠いたまま世に出ている。法律で彼らを保護する必要がある」と「コメント禁止法案」を国会に提出する理由を述べた。

記事では、スポーツ選手本人ではなく、家族が悪質なネットユーザーに狙われた韓国プロ野球LGツインズの選手オ・ジファンのケースを紹介。オはパフォーマンスに対する批判や兵役逃れ騒動などによって悪質コメントの攻撃対象となっていたが、昨年ミス・コリア出身のキム・ヨンウンとの結婚が発表された際には、オの家族に対しても人格を侮辱するような悪質コメントが相次いだ。キム・ヨンウンのSNSには1日に数十、数百通も悪質な内容のダイレクトメッセージが届いたため、法的対応に乗り出すことを予告しているという。

記事は最後に「表現の自由は保障されなければならないが、悪質な書き込みがまた別の悪質なコメントを生み、それによって治すことのできない傷を受ける。そんな悪循環をなくす必要がある」と述べた。(翻訳・編集/原邦之)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング