Record China

ヘッドライン:

文政権、日韓合意後に中断されていた日本向け慰安婦記録集を発刊へ=韓国ネットから称賛

配信日時:2020年8月5日(水) 18時40分
拡大
4日、韓国・女性新聞によると、韓国の文在寅政権が元慰安婦女性の口述記録集「聞いてる?12の少女の物語」の日本語版制作を開始した。写真は慰安婦問題に関する韓国のポスター。

2020年8月4日、韓国・女性新聞によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が元慰安婦女性の口述記録集「聞いてる?12の少女の物語」の日本語版制作を開始した。

韓国・行政安全部傘下の日帝強制動員被害者支援財団関係者は「中断していた発刊作業を今年初めに再開した」とし、「日本語版の発刊をきっかけに同書が広く知られてほしい」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「素晴らしい」「現政権は立派だ」「これこそが真の愛国精神。歴史を忘れた民族に未来はない」など称賛の声が上がっている。また「朴槿恵(パク・クネ前大統領)政権の屈辱外交はひどかった」「慰安婦問題解決のためにはまず韓国内の親日派を追い出さないと」などと指摘する声も見られた。

同書は韓国政府が主導した初めての元慰安婦口述記録集。韓国では13年2月に発刊された。米国では14年12月に英語版が発刊され、タイトルは一般公募で「Can you Hear Us?:The Untold Narratives of Comfort Women」となった。日本語版は15年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意締結後に発刊作業が中断されていた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング