Record China

ヘッドライン:

婚約者の俳優リー・チェンと破局から1年、「夜中に泣いた」ファン・ビンビンが初めて告白

配信日時:2020年7月29日(水) 14時40分
拡大
中国の女優ファン・ビンビンが雑誌のインタビューで、俳優リー・チェンとの破局から丸1年を経て、当時の心境を初めて語っている。

中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)が雑誌のインタビューで、俳優リー・チェン(李晨)との破局から丸1年を経て、当時の心境を初めて語っている。

ファン・ビンビンとリー・チェンは、2014年の時代劇ドラマ「武則天-The Empress-」での共演をきっかけに交際へと発展。15年5月に恋人関係を公表し、17年9月には婚約も発表していた。しかし昨年6月、SNSを通じて円満な別れに至ったことを明らかにした。2人の交際期間中の18年春には、ファン・ビンビンの巨額脱税疑惑が持ち上がり、一時は人前から姿を消したことで、安否が心配される騒ぎもあった。

ファン・ビンビンはこのほど、雑誌「STYLE」最新号のカバーとインタビューに登場。破局から丸1年を経て初めてこの話題に触れ、失恋の痛みで夜中に激しく泣いたことを明かしている。わずか1年の間に、仕事も恋も失ったファン・ビンビンだが、家族が最も力強い支えになっているとのこと。人生の「どん底」を味わったことについて、「何が『どん底』かは、その状況にならないと分からない。でも人生は今後も続くので、一つ一つ乗り越えていくしかない」と語っている。

脱税騒動から現在まで、ファン・ビンビンは中国国内において仕事への本格復帰には至っていない。ここ2年間、海外の雑誌カバーにはたびたび起用されてきたが、今年6月には騒動から初めて、中国の雑誌でカバーを飾り、インタビューにも登場。中国国内での“解禁”に向けての明らかな第一歩として注目を浴びることとなった。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング