韓国型ロケットの打ち上げが延期に?部品の信頼度が基準満たさず=韓国ネット「焦らないで」

Record China    2020年7月8日(水) 6時0分

拡大

6日、韓国・デジタルタイムスは「来年2月を予定していた韓国型ロケット『ヌリ号』の打ち上げが延期になる公算が大きくなった」と伝えた。資料写真。

2020年7月6日、韓国・デジタルタイムスは「来年2月を予定していた韓国型ロケット『ヌリ号』の打ち上げが延期になる公算が大きくなった」と伝えた。新型コロナウイルスの影響と、一部部品の開発・製作遅延により、開発日程に支障が出ているという。

記事によると、ヌリ号は来年2月と10月の2回にかけて全羅南道(チョルラナムド)高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターから打ち上げられる予定となっている。しかし、韓国内の中小企業が製作している一部部品で信頼度評価の基準に満たないなどの問題が発生し、開発が進んでいないという。韓国航空宇宙研究院は「ヌリ号は既に1、2段目の性能試験段階に入っているが、部品の供給の遅れにより試験が計画どおりに行えない状態になっている」としている。

また、昨年2月に大田(テジョン)のハンファグループ工場で発生した爆発事故により生産が6カ月間ストップしたエンジン主要部品の製作も、遅れる可能性が高い状況だという。

政府主導の専門評価団は、ヌリ号全般の開発・実験現況を踏まえて、打ち上げ日を9月に最終決定する計画だという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国独自開発のロケット打ち上げの延期を残念に思う人は多いと思うが、延期の分だけ準備を徹底し、必ずや成功してほしい。危機を機会に変える韓国の力を信じている」「日程など少しくらい遅れても、成功を願っています」「ゆっくりでもいい、完璧な成功を」「韓国の宇宙産業が日々発展していることを誇りに思うよ」「どうか焦らないで。初めてなんだから、ゆっくり、確実に進めてほしい」など、激励の言葉が殺到している。

一方で、「あちこちに現金をばらまいてるくせに、こういう所に投資をしないからこうなる」「金正恩(キム・ジョンウン)委員長に教えてくれとお願いすれば」などの厳しいコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携