私は永遠にこの黄土の大地の子だ

CRI online    2020年6月15日(月) 15時20分

拡大

2015年2月13日  習近平氏は自身が青年時代の7年間を過ごした陝西省延川県梁家河村に戻り、郷里の人々を訪ねた “我は黄土の大地の子” 私は15歳でこの黄土の大地にやって来た。その当時は迷いやためらいもあった。しかし22歳でここを離れる時には、すでに確...

(1 / 4 枚)

その他の写真

2015年2月13日  習近平氏は自身が青年時代の7年間を過ごした陝西省延川県梁家河村に戻り、郷里の人々を訪ねた

 “我は黄土の大地の子”

 私は15歳でこの黄土の大地にやって来た。その当時は迷いやためらいもあった。しかし22歳でここを離れる時には、すでに確固たる人生の目標を持ち、自信に満ちていた。

 陝北高原は人民の公僕としての私の根だ。私はこの地で育まれた不変の信念をもって、人民のために具体的な行動を取る必要がある!私はどこへ行こうとも、永遠にこの黄土の大地の子だ。

ーー習近平「我は黄土の大地の子」より抜粋

1983年中国共産党正定県委員会書記であった習近平氏が、大衆の意見に耳を傾けている様子

 “県委員会書記になってから、県内に200以上ある全ての村をくまなく回った”

  農村部でのフィールドワークでは、よく滹沱河を渡った。自転車に乗って滹沱河の岸に着くと、乗ってきた自転車を肩に担いで川を渡るのだ。

 目的地の人民公社に着いたら、私は彼らのところに一泊する。その頃は宿泊施設がなかったので、公社の書記が彼の事務室とベッドを私に貸してくれた。 当時の光景がまざまざと目に浮かぶようだ。苦労もあったが、状況を正確に把握し、末端幹部や庶民との距離を縮め、心の交流を深めることができた。 県委員会書記になってから、県内に200以上ある全ての村をくまなく回った。

ーー「習近平総書記の貧困扶助エピソード」より抜粋

2007年10月6日 上海市委員会書記であった習近平氏が浦東新区愛心老人ホームを訪れ、高齢者を見舞いに来ていた子どもたちと温かい握手を交わした

 “本当の業績は庶民からの評判の中にこそある”

 必要なのは「雪の中にいる人に炭を送る」ような行動だ。限られた資金は適切に用いるべきであり、上っ面の名声のための工事や、実績のためだけの役に立たない工事などをやってはならない。本当の業績は庶民からの評判の中にこそあるのだ。

ーー2007年6月14日 習近平氏が黄浦区を視察した際の講話より抜粋

2020年3月10日 習近平総書記が湖北省武漢市で新型コロナウイルス感染症の対策状況を視察

 “人民大衆の生命の安全と身体の健康を第一に据えていく”

 我々は、感染症が発生したことそれ自体を命令と捉えて行動する必要があり、感染予防・抑制のための対策を責任として担わなければならない。各レベルの党委員会と政府は党中央の政策・配置に従って、人的資源の全面的な動員、あらゆる取り組みの全面的な手配、対策活動の全面的な強化をしていく必要がある。

人民大衆の生命の安全と身体の健康を第一に据え、感染症対策を当面の最重要活動に定めていくべきだ。信念を固め、助け合い、科学的な予防と的確な施策の実施さえしていけば、我々は必ずや感染症との戦いに勝つことができるだろう。

ーー2020年1月25日 習近平総書記の中央政治局常務委員会での発言より

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携