トランプ大統領「エイズワクチンが開発された」、されてなかった―中国メディア

Record China    2020年6月18日(木) 10時20分

拡大

17日、環球網によると、米国のトランプ大統領が新型コロナウイルスのワクチン開発で科学者を称賛した際、存在しないエイズワクチンを「開発した」と発言し物議を醸している。写真は米ホワイトハウス。

2020年6月17日、環球網によると、米国のトランプ大統領が新型コロナウイルスワクチン開発で科学者を称賛した際、存在しないエイズワクチンを「開発した」と発言し物議を醸している。

記事によると、トランプ大統領が現地時間16日の記者会見で新型コロナウイルスのワクチンが年内に開発されるとの予測を示すとともに、開発に携わっている科学者や医師を称賛。その際、「最も優秀で、聡明で、傑出した人たちだ。彼らはエイズワクチンを開発した」などと発言した。

しかし、記事は「現時点でエイズワクチンは存在していない」と指摘し、米紙ザ・ヒルが「トランプ大統領が指したのは、エイズウイルスへの感染リスクを下げるための暴露前予防投与(PrEP)に用いられる抗HIV薬のようだ」との見解を示したことを紹介している。

また、トランプ大統領の「エイズワクチン」発言はネット上で速やかに拡散し、連邦議会議員やウイルス検査企業関係者のほか、多くのネットユーザーがトランプ氏の発言の誤りを指摘する事態になっていると伝えた。

この件について、中国のネットユーザーは「トランプ氏の発言にガッカリさせられたことがない」「年を取るとデタラメを言いやすくなるのか」「どうして彼はこうも自信満々なのか」「トランプ氏は再選すべきだ。でないと、世界がつまらなくなる」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携