Record China

ヘッドライン:

国会に初出勤した元慰安婦支援団体前理事長、胸元のバッジにネットでは「しらじらしい」の声

配信日時:2020年6月2日(火) 21時20分
拡大
1日、韓国・朝鮮日報が、国会議員室に初出勤した与党「共に民主党」の尹美香議員が胸元に付けていたバッジに注目している。写真は尹議員(正義記憶連帯Facebookアカウントより)。

2020年6月1日、韓国朝鮮日報が、国会議員室に初出勤した与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員(元慰安婦支援団体『日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯』前理事長)が胸元に付けていたバッジに注目している。

記事によると、尹議員は同日、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会議員会館に初出勤した。尹議員は21代国会の開院を控えた先月29日、自身をめぐる元慰安婦への寄付金流用疑惑などを釈明する記者会見を開き、ほとんどの疑惑を全面否定した。その上で国会議員職を辞退する考えがないことを強調し、「職を口実に検察捜査を避けることはしない」と話した。

初出勤した尹議員は取材陣が集まる中、白いマスク、リュック、黄土色のスカーフ姿で現れ、上着の左側には「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」の活動を象徴する赤い蝶模様のバッジがつけられていたという。

これを受け、韓国のネット上には多くのコメントが寄せられており、世論の関心の高さがうかがえる。「なんのアピール?」「しらじらしい」「良心の欠片もないのだろうか」「ずうずうしい」「刑務所に行くべき人がなんで国会議員室にいるの?」など嫌悪感を露わにするコメントが相次ぎ、「こんな詐欺師を擁護する共に民主党はもっとおぞましい」「こんな人を支持した人が理解できない」など非難の矛先は党や有権者にも向けられている。

また「今後国がどうなっていくのか心配」「韓国の正義が死んでゆく。支持してたけど本当にがっかり」と今後の国政を不安視する意見も出ており、そのため「国民の力で(国会から)引きずり降ろそう」「国会議員として認められない!みんなで辞退を要求しよう」などと意気込むユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング