Record China

ヘッドライン:

中国、ワクチン5種類の臨床試験を展開中―中国メディア

配信日時:2020年5月22日(金) 5時40分
拡大
中国がワクチン5種類の臨床試験を展開中であることが分かった。写真は武漢。

国務院新聞弁公室が20日に開催した記者会見において、中国科学技術部の王志剛(ワン・ジーガン)部長は「新型コロナ発生後、科学研究チームは5つのテクノロジー・ロードマップによりワクチン研究を推進している。現在は組み換えウイルスベクターワクチン、不活化ワクチンが臨床試験の段階に進んでいる」と述べた。

中国はいち早くウイルスを分離・鑑定するとともに、世界保健機関(WHO)とウイルスの全遺伝子配列を共有し、世界の科学者が薬品、ワクチン、診断の研究を展開するための重要な基礎を提供した。

科学技術部社会発展科技司の呉遠彬(ウー・ユエンビン)司長によると、組み換えウイルスベクターワクチンは1・2期臨床研究の被験者接種を終えており、1期の結果についても初期段階の評価が行われた。残りの4種類の不活化ワクチンも臨床試験をすでに展開している。「我々が把握している情報によると、世界で臨床試験が展開されているワクチンは計10種類で、我々のワクチンの研究は世界と同時進行中だ。ワクチン研究においても、我々は感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)などの国際機関との協力を強化している」としている。

ウイルスベクターワクチンは陳薇(チェン・ウェイ)院士がチームを率いて研究開発した、世界で初めて2期人体臨床試験に入った新型コロナウイルスワクチンだ。

北京大学第一病院感染症科の王貴強(ワン・グイチアン)科長によると、中国は新型コロナ発生後、19カ国に21の医療チームを派遣した。アフリカには7チームで、検査・防疫装置及び薬品を携行した。

王氏は「外交部国家衛生健康委員会が数回にわたり海外とWeb会議を開き、中国の診療経験を紹介しており、すでに200以上の国・地域をカバーしている」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

欧州委員会委員長、「ワクチンは皆が使用すべき」

現地時間19日、欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長はテレビ演説で、「欧州連合(EU)は世界保健機関(WHO)の呼びかけに応じて、直ちに新型コロナウイルスワクチンの研究開発の資金を集め、開発の加速的な推進に努めていく」と語りました。そして、「開発が成功したら、広範囲で展開を...

CRI online
2020年5月20日 13時55分
続きを読む

ランキング