またやった!?「あつまれ どうぶつの森」と設定酷似の中国ゲーム、過去にはFF14パクリも

Record China    2020年5月20日(水) 17時0分

拡大

日本で大人気を博し、中国でも話題になったニンテンドースイッチのゲーム「あつまれ どうぶつの森」をめぐり、中国のゲームにパクリ疑惑が浮上した。

日本で大人気を博し、中国でも話題になったニンテンドースイッチのゲーム「あつまれ どうぶつの森」をめぐり、中国のゲームにパクリ疑惑が浮上した。中国メディアの北京商報が19日付で伝えた。

問題になっているのは中国のネットゲーム「逆水寒」だ。同ゲームのSNS公式アカウントは18日にゲームの更新を発表し、「碧玉瓜(ゲーム内のアイテム)の売買」と「珍しい草花の栽培」という2つの遊び方を加えるとした。しかし、この2つがいずれも「あつまれ どうぶつの森」のパクリではないかと指摘されているという。

記事は、「碧玉瓜の売買」について、「プレイヤーが毎週日曜日に碧玉瓜を購入することができ、その他の曜日には碧玉瓜を販売することができるというもの。他人の領地で販売する際には4桁のパスワードが必要だ」と説明した上で、「この設定はプレイヤーにとって非常になじみがあった。『どうぶつの森』のカブの売買と同じだ」と指摘した。

また、「珍しい草花の栽培」についても、あるゲーマーの声として「『どうぶつの森』の花の交配と非常に似ている。両者共、元となる品種を異なる位置に配置することで新たな品種を生み出すものだ」とし、パクリ疑惑があることを伝えた。

記事によると、2018年にリリースされた「逆水寒」は、過去にもCG映像がファイナルファンタジー14(FF14)のパクリではないかとの指摘が出たことがある。この時は、公式アカウントが「やや似ている」ことを認めて謝罪したが、今回の件についてはまだ立場を明らかにしていないという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携