独デュッセルドルフ市長、レストランオーナーシェフの「中国人お断り」発言に「憤慨」表明―中国メディア

Record China    2020年5月20日(水) 21時0分

拡大

ドイツ・デュッセルドルフのトーマス・ガイゼル市長は19日、市内の人気フレンチレストランのシェフがSNS上で「中国人客は歓迎しません」と発言したことに「憤慨」を表明した。写真はデュッセルドルフ市。

ドイツ・デュッセルドルフのトーマス・ガイゼル市長は19日、市内の人気フレンチレストランのオーナーシェフがFacebook上で「中国人客は歓迎しません」と発言したことに「憤慨」を表明した。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)が20日付で伝えた。

新型コロナウイルスの影響で休業していたミシュラン星付きのフレンチレストラン、Im Schiffchenのオーナーシェフ、Jean-Claude Bourgueil氏は13日、Facebook上で営業再開を告知した際、「中国人客は歓迎しません」と発言して中国系住民などから批判を浴びた。

トーマス・ガイゼル市長は、中国の馮海陽(フォン・ハイヤン)駐デュッセルドルフ総領事に宛てた書簡で、「多くのデュッセルドルフ市民と同様に、私はレストランのオーナーのFacebookへの投稿に憤慨しています。そのような行動は、大規模で活気のある中国系コミュニティーがあることを誇りに感じているこの国際都市には調和しません。どうかデュッセルドルフの同胞にこのことをよろしくお伝えください」とした。

この問題をめぐっては、シェフがFacebook上で謝罪したが、ミシュランガイドは15日、「1人1人を尊重することがミシュランの大事な価値観の1つ。われわれはいかなる形式によっても人種差別的な言論を断じて許さない」と非難する姿勢を示した上で、公式サイトのミシュランガイド公式リストから直ちに削除することを明らかにしていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携