緊張高まる中豪関係、豪牛肉輸出大手4社が中国のブラックリストに―米メディア

Record China    2020年5月13日(水) 13時30分

拡大

米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは12日、「緊張高まる中豪関係、豪牛肉輸出大手4社が中国のブラックリストに」とする記事を配信した。写真は豪州産牛肉。

米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは12日、「緊張高まる中豪関係、豪牛肉輸出大手4社が中国のブラックリストに」とする記事を配信した。

記事はまず、中国が、オーストラリアの食肉大手4社からの牛肉の輸入を停止すると発表したことについて、「これは、中国がオーストラリア産大麦の輸入に高関税をかける方針を示したのに続く新たな措置だ」とし、この二つの措置について「新型コロナウイルスの発生源をめぐり中国に対する独立調査の実施を求めているオーストラリア政府の主張と関連性があるとの見方が出ている」とした。

記事によると、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官は12日の記者会見で、中国の税関による輸入肉製品に対する検査で、牛肉輸出に携わる一部の豪企業が検査・検疫の要件に違反する事例が相次いで見つかったとし、計4社からの輸入申請を同日から受け付けないことを決めたと説明した。

オーストラリアの対中牛肉輸出の約35%をこの4社が占めており、今年の貿易額は35億米ドル(約3751億円)に上るとみられていた。

記事は、「オーストラリア政府は、新型コロナウイルスの発生源と中国の流行初期の対応をめぐり、国際的な調査の実施を繰り返し呼び掛けてきた」とし、「オーストラリアのこうした行動が、中国側の強い不満を招いている。中国の成競業(チョン・ジンイエ)駐豪大使は先月、報復をちらつかせてオーストラリアを脅した」と伝えた。

記事によると、中国商務部がオーストラリア産大麦の輸入に80%もの高関税を課す可能性があると明らかにしたことについて、モリソン豪首相は11日、「中国には、オーストラリアにダンピング行為があったかどうかに対する見方と、オーストラリアが新型コロナウイルス感染拡大に関する国際的な調査の実施を主張していることに対する見方を、入れ混ぜないことを希望する」と述べた。

オーストラリアは中国に対する最大の大麦供給元で、年間の輸出額は9億8000万~13億米ドル(約1050億~1393億円)に上る。オーストラリアの大麦生産量の半分以上が中国に輸出されている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携