Record China

ヘッドライン:

中国専門家「世界はコロナ第2波の途上、力の強さは第1波上回る」

配信日時:2020年6月8日(月) 23時40分
拡大
中国・上海の新型コロナウイルス医療専門家チームの責任者、張文宏氏は、「世界は新型コロナ第2波流行の途上にある。その上、リバウンドの強さはすでに第1波を上回っている」との認識を示した。写真は中国・武漢。

中国紙・北京日報(電子版)の8日付報道によると、上海の新型コロナウイルス肺炎医療専門家チームで責任者を務めた復旦大学付属華山病院伝染病学科の張文宏(ジャン・ウェンホン)主任は7日、上海でインタビューに応じ、「世界は新型コロナ第2波流行の途上にある。その上、リバウンドの強さはすでに第1波を上回っている」との認識を示した。

張氏は、中国の感染症予防・抑制の目標について、「世界的な第2波流行の影響を受けないこと」と強調。「中国の公衆衛生システムは、今回の感染症との戦いを経験して以前よりも強大になり、輸入症例のリスクに対処できるようになっている」とし、「したがって、(世界では)第2波の流行があるが、私たちの目標は中国で(第2波の流行が)ないことだ」とした。

張氏は、「多くの国ではピークがいつ到来するかは分からない状況だ。ブラジルやロシア、インドはまだピークに達していない。そのため(感染者数が)いつ下がることになるか分からない」と分析した。

世界で感染が最も深刻な米国については、「生産活動再開後に多くの州でリバウンドの兆しが出始めている。中東のイランもリバウンドしている」とした。

そして、「初期的な見方」として、「世界的な流行は常に前進し、リバウンドの強さはすでに第1波を上回っている。輸入症例のリスクと圧力に直面している中国の目標は、世界的な第2波流行の影響を受けないことだ」とした。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「新型コロナウイルス肺炎の予防・抑制に関する中国の行動」白書が発表

国務院報道弁公室は7日、「新型コロナウイルス肺炎の予防・抑制に関する中国の行動(原題:抗撃新冠肺炎疫情的中国行動)」と題した白書を発表しました。 中国の新型コロナウイルスとの戦いの真実を記録した重要な文献であるこの白書は、本文が「中国と新型コロナウイルスの戦い、その艱難辛苦の道...

CRI online
2020年6月7日 12時50分
続きを読む

ランキング