米市長がCMG取材で昨年11月に感染と明言

CRI online    2020年5月8日(金) 18時15分

拡大

米ニュージャージー州エセックス郡ベルビル市のマイケル・メルハム市長はこのほど、CMG(チャイナ・メディア・グループ)傘下の中国国際テレビ(CGTN)のインタビューに応じ、昨年11月に新型コロナウイルスに感染したと改めて明言しました。 メルハム市長は先月30日に新型コロナウイルス...

 米ニュージャージー州エセックス郡ベルビル市のマイケル・メルハム市長はこのほど、CMG(チャイナ・メディア・グループ)傘下の中国国際テレビ(CGTN)のインタビューに応じ、昨年11月に新型コロナウイルスに感染したと改めて明言しました。

 メルハム市長は先月30日に新型コロナウイルス抗体の検査結果で陽性反応が出ており、昨年11月に感染したものと信じていると表明したもので、米国で初の感染が確認されたのは今年1月下旬という米メディアの報道と比べ、2カ月も早いことになります。

 CGTNのインタビューでメルハム市長は「(去年)11月に感染したことを公開することにした。すべての症状が合っていたし、抗体検査で陽性反応が出た。その時に感染したのは私だけじゃないと信じている。大勢の人々も私もツイッターで呼びかけている。一体どれぐらいの人が自分の感染を疑って、抗体検査でも陽性だったのかをはっきりさせることを期待している。そうすることで、多くの議論に終止符を打つことができるだろう」と話しました。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携