日韓が「協調」姿勢、コロナ禍が関係改善のきっかけに?

Record China    2020年4月23日(木) 16時40分

拡大

23日、元徴用工や輸出管理などの問題で日韓関係が「最悪」とも言われている中、新型コロナウイルス感染をめぐる事態では日本政府と韓国政府が協調姿勢を見せている。写真はソウル。

2020年4月23日、元徴用工や輸出管理などの問題で日韓関係が「最悪」とも言われている中、新型コロナウイルス感染をめぐる事態では日本政府と韓国政府が協調姿勢を見せている。

韓国外交部によると、今月14日、インドにあるトヨタ自動車工場の労働者を帰国させるため日本政府が手配したチャーター機に、日本政府の提案で韓国人2人が搭乗した。スーダンでも日本国際協力機構(JICA)が手配したチャーター機に韓国人6人が搭乗。エチオピア経由で韓国に帰国したという。

一方、日本人も韓国政府の手配したチャーター機に搭乗している。先月31日にはマダガスカルから7人、今月もフィリピンから12人、ケニアから50人が日本に帰国した。

カメルーンではJICAと韓国国際協力団(KOICA)が共同で手配したチャーター機で日本人と韓国人が共に帰国したという。

また、今月20日には韓国外交部ナンバー2の趙世暎(チョ・セヨン)第一次官がコロナチャレンジ「元気に乗り切ろう(#Stay Strong)」キャンペーンの次の挑戦者に冨田浩司駐韓日本大使を指名した。同キャンペーンは同部が新型コロナウイルス感染に対応する全世界の連帯と支持を拡散させる目的で先月中旬から行っているもので、応援メッセージの入ったロゴを作成し、それを#Stay Strongのハッシュタグと共にSNSに投稿して次の3人を指名するというもの。趙次官が冨田大使を指名したことについて、韓国メディア・中央日報は「趙次官は日ごろから日韓関係を管理する役割を担っている」とした上で「コロナ禍でも日韓が協調している姿を見せる狙い」だと分析している。冨田大使もこれに肯定的な反応を示しているといい、今後、コロナ禍が日韓関係改善に向けたきっかけとなるかが注目されている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携