Record China

ヘッドライン:

インドで誕生した赤ちゃん、両親が「消毒液」と命名=中国ネット「マスクや隔離の方が…」

配信日時:2020年4月20日(月) 13時0分
拡大
新型コロナウイルスが世界的に大流行する中、インドでこのほど誕生した赤ちゃんに、両親が「Sanitizer(消毒液)」と命名したことが、中国でも注目されている。写真は消毒液などを求めるインドの人々。

新型コロナウイルスが世界的に大流行する中、インドでこのほど誕生した赤ちゃんに、両親が「Sanitizer(消毒液)」と命名したことが、中国でも注目されている。

中国メディアの微天下は20日、英紙ミラー(電子版)の19日付報道を引用し、「父親は『人々が新型コロナウイルスについて振り返る時、消毒液が感染から守ってくれたことを覚えているだろう』と話しているという」などと伝えた。

これについて、中国のネットユーザーからは「ウイルス:参りました」「インド人かわいい」「それを言うなら『マスク』のほうが良いのでは?」「この両親が中国人だったら『84消毒液』と名付けただろう」「『隔離』でも良さそう」「インドでは確か、新型ウイルスから身を守るために牛の尿を飲んでいた人たちがいたよな」などの声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング