アフリカ人への差別的扱いはない=外交部

CRI online    2020年4月13日(月) 23時0分

拡大

外交部の趙立堅報道官は13日、北京での定例記者会見で、中国が感染を予防・抑制する中でアフリカ人を差別的に取り扱っているという米国の非難に対して、「国際社会は結束して感染症と戦うことが急務となる中、米国はわざと事実無根のことを言って人騒がせをし、悶着が起こるように双方をそそのかし...

 外交部の趙立堅報道官は13日、北京での定例記者会見で、中国が感染を予防・抑制する中でアフリカ人を差別的に取り扱っているという米国の非難に対して、「国際社会は結束して感染症と戦うことが急務となる中、米国はわざと事実無根のことを言って人騒がせをし、悶着が起こるように双方をそそのかしている。これはモラルにも反する上、無責任なことでもある」と指摘しました。

 趙報道官は、「中国のアフリカに対する友好的な政策に何の変化もない。アフリカ諸国と人民の中国への友好的な感情も少しも揺らいではいない。我々は兄弟と思っているアフリカ人を差別的に取り扱うことをしない。事実、中国の感染状況が深刻な時、湖北省と武漢市に滞在していたアフリカの留学生3000人余りの中、感染したのちすぐに治療で完治した人が1人いたほか、他の留学生はいずれも無事であった。最近、アフリカから伝えられてきた広東省にいるアフリカ諸国の国民の関心事に対しては、広東省は調査を行った上で一連の新しい措置を講じている。双方が共に努力することによって、適切な解決が図られることを信じている」と述べました。

 また、「中国政府は感染を予防・抑制する中で、中国に滞在する外国人の生命と健康上の安全を極めて重視、保障しており、中国滞在中の外国人をすべて平等に取り扱い、いかなる特定した人々への差別的なやり方にも反対する」と強調しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携