ジョンソン首相のICU入りは「万一に備えて」=英報道

CRI online    2020年4月7日(火) 14時0分

拡大

10日前に新型コロナウイルス肺炎への感染が確認されていた英国のボリス・ジョンソン首相が現地時間6日夜、病状の悪化に伴い集中治療室(ICU)に移されました。首相の職責は、ドミニク・ラーブ外相が代行します。 報道によれば、ジョンソン首相は意識がはっきりしており、ICUへ移ったのは呼...

10日前に新型コロナウイルス肺炎への感染が確認されていた英国のボリス・ジョンソン首相が現地時間6日夜、病状の悪化に伴い集中治療室(ICU)に移されました。首相の職責は、ドミニク・ラーブ外相が代行します。

 報道によれば、ジョンソン首相は意識がはっきりしており、ICUへ移ったのは呼吸器を使用するような万一の事態に備えるためだということです。また、首相官邸の報道官は、ラーブ外相が首相の責務を代行することは、ジョンソン首相本人が事前に手配していたことであると発表しました。

 なお、ジョンソン首相に対してSNS上では、米大統領、仏大統領、イタリア外相、ポーランド大統領、ハンガリー首相、スウェーデン首相、欧州委員会委員長、欧州理事会議長などが慰問の意を示しています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携