Record China

ヘッドライン:

米大統領、呼称を突然変えた理由とは?

配信日時:2020年3月26日(木) 15時10分

これまでの数日間、新型コロナウイルスをめぐり中米間で続いていた非難の応酬に、突然転機が表れました。月曜日、ペンス副大統領は、過去の感染症対応に比べれば、中国は今回、新型コロナウイルスの抑制に向けた努力は「よりオープンかつ透明である」という見解を示しました。同じ日、トランプ米大統領はツイッターで発信した際、感染爆発に関しては、「ウィルス」という言葉のみを使っていました。また、火曜日にVOXニュースのインタビューでは、「これ以上固執しない」と表明しました。

 ただし、トランプ米大統領が「中国ウィルス」という呼称を使い始めた後、米国内では中国系住民が街頭で嫌がらせといじめを受けた報道が頻繁に見られました。

 一方、大統領選挙が予定されている今年、トランプ大統領が直面する政治的圧力が日増しに高まっています。VOXニュースネットによりますと、米大統領選の有権者の中には、アジア系住民の割合が速やかに上昇しており、とりわけ、両党支持率が拮抗する激戦州では大変重要な力となっています。

 情報筋によりますと、米国はいま、中国からマスクと防護物資の輸入ルートを模索している最中です。こうした危難な時に、中国と良好な関係を維持することが極めて重要です。これに先立ち、中国は必要のあるところに支援を提供すると表明しています。これができるには、両国関係の安定化が大事です。言うまでもなく、新型コロナウイルス感染症を「中国ウィルス」と呼ぶ行動では、関係の安定維持には何の役にも立ちません。トランプ大統領のこのような姿勢の変化は、中米がより成果に富んだ両国関係の構築に役立つと見られています。ただ、こうした変化がどのぐらい続くものなのか、世界中がいま注視しています。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

世界の感染症対策に助力、中国でオンライン問診を推進

新型コロナウイルスの感染状況への認識を深め、自身の保護意識を高めるため、中国のIT企業が相次いでオンラインでのヘルス・カウンセリングなどのサービスを立ち上げ、世界の感染症対策に力を注いでいこうとしています。 中でも、馬雲(アリババグループ創業者)公益基金会とアリババ公益基金会が...

CRI online
2020年3月26日 14時5分
続きを読む

25日の新規感染者67人 すべて入国者

国家衛生健康委員会のデータによりますと、3月25日の24時間で、中国大陸部では新たに67人が新型コロナウイルスに感染したほか、疑い例は58人報告され、どちらも全員が海外からの入国者です。死亡した人は新たに6人が確認されたということです。なお、海外からの入国者の感染が累計で541...

CRI online
2020年3月26日 14時0分
続きを読む

WHO、第2のチャンスの活用を呼びかける

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は25日の記者会見で、「新型コロナウイルスによる感染症を抑制する第2のチャンスを無駄にしないように、各国がより積極的な措置を取るべきだ」と呼びかけました。 テドロス事務局長は、「これまでの2か月、私は感染症が最大の敵だと指摘し続けてきたが...

CRI online
2020年3月26日 13時55分
続きを読む

習主席、ドイツの首相と電話会談

習近平国家主席は25日夜、ドイツのメルケル首相と電話会談を行いました。 習主席は、「中国で新型コロナウイルスの感染が拡大した後に、ドイツ政府と社会各界から中国に寄せられた慰問と支援を中国人民は心に銘記している。ドイツ政府と国民による感染の予防・抑制に向けた努力を中国は揺るぎなく...

CRI online
2020年3月25日 23時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング