Record China

ヘッドライン:

韓国で17歳少年が急性肺炎で死亡、新型コロナ検査7回連続で陰性―中国メディア

配信日時:2020年3月20日(金) 23時30分
拡大
19日、成都商報の微博アカウント紅星新聞は、韓国で17歳の男性が新型コロナウイルスによる急性肺炎で死亡したと報じた。写真は韓国のマスク。

2020年3月19日、成都商報の微博アカウント紅星新聞は、韓国で17歳の男性が新型コロナウイルスによる急性肺炎で死亡したと報じた。

記事は、韓国メディアの報道として、17歳の男子高校生が新型ウイルスに感染したような症状が出たため、今月13~17日にかけて計8回新型ウイルスの検査を受けたところ、7回連続で陰性だったにもかかわらず8回目に一部陽性反応が出たと紹介。男子高校生は18日に急性肺炎で死亡したと伝えた。

そして、韓国の疾病管理本部が高校生の死因について最終検査を実施する予定であり、新型ウイルスへの感染が正式に確認されれば、韓国で初めての未成年者の新型コロナウイルスによる死亡例、および基礎疾患のない患者の死亡例になると紹介した。

この件について、中国のネットユーザーは早すぎる高校生の死を悼むとともに「もしこの高校生の感染が確認されたら、ウイルスの進化を意味するのではないか」「若い人は免疫力が強いと思っていたが…」といった感想を残している。

また、「トランプ米大統領には知らせない方がいい。彼は検査があまり当てにならないことを知らないから」「PCR検査には擬陽性のリスクがあるからね」など、PCR検査が完全なものではないとの認識を示すユーザーも多く見られ、PCR検査の件数を増やしている韓国の検査体制の問題点を指摘し、CT画像診断などとの組み合わせによる診断を行うべきだとの声も出た。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング