米国人の95%がマスク着用すれば、来年2月末までの新型コロナ死者数を13万人減らせる?―中国メディア

Record China    2020年11月4日(水) 15時20分

拡大

中国メディアの科技日報の3日付報道によると、米国人の95%がマスクを着用すれば、来年2月末までの新型コロナウイルス感染症による死者数を13万人減らせる可能性があるとする調査結果が発表された。

中国メディアの科技日報の3日付報道によると、国際学術誌「ネイチャーメディシン」にこのほど掲載された調査結果は、「米国の2021年2月28日までの新型コロナウイルス感染症による死者数は50万人を超える可能性がある」とした上で、「米国人の95%がマスクを着用すれば、多くの州で流行の再発という最悪の影響を回避できる可能性があり、50万人中の13万人の命を救える可能性がある」と指摘している。

研究者らは、「マスクの着用は、米国で人命を救うための比較的安価で影響の少ない介入方法だ」と指摘している。

研究によると、米国でマスク着用率が現在の水準にとどまった場合、21年2月28日までの新型コロナウイルス感染症による死者数は50万人を超える恐れがあるが、米国人の95%がマスクを着用すればその中の12万9574人、マスク着用率がそれより若干低くても9万5814人の命を救うことができる可能性があるという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携