伊ベネト州知事「中国人は生きたネズミを食べる」発言めぐり謝罪―露メディア

Record China    2020年3月1日(日) 18時10分

拡大

イタリアのベネト州のルカ・ザイア知事はこのほど、「中国人は生きたネズミを食べる」などと発言した。その後、中国大使館からの反発などを受け、謝罪した。資料写真。

ロシアの通信社、スプートニクの中国語版サイトが2月29日付で配信した記事によると、イタリアのベネト州のルカ・ザイア知事はこのほど、「中国人は生きたネズミを食べる」などと発言した。その後、イタリアにある中国大使館からの反発などを受け、謝罪した。

ルカ・ザイア知事は「中国はこの感染症で大きな代償を払った。なぜなら私たちは、彼らが生きたネズミやそのようなものを食べるのを見ているからだ」などと発言した。

これに、イタリアにある中国大使館が「このような困難な時期に、中国とイタリアが感染症の流行に肩を並べて対処している時、イタリアの政治家は中国の国民を中傷した」などと反発すると、ルカ・ザイア知事は「もし誰かの気分を害したなら、謝罪する」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携