Record China

ヘッドライン:

外交部、中国侮辱記事掲載の米紙を非難

配信日時:2020年2月25日(火) 15時55分

米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の従業員53人が20日、同紙経営陣宛にメールを送り、先日同紙が掲載した論評「中国は真のアジアの病人」について、タイトルを変え、関係者に謝罪するよう求めています。一方、同紙の報道官は22日「立場に変わりがない」ことを表明しました。

 これについて、外交部の趙立堅報道官は24日の定例記者会見で、「悪意ある侮辱に対して、中国は決して黙り込まない」としたうえで、「人をののしる威勢があるのに、謝る勇気がないのは何故なのか。世界にはただ一つの『ウォール・ストリート・ジャーナル』しかない。従来の論調に固執するならば、結果に対し、しかるべき責任を追うべきだ。ニュース報道と論説は互いに独立していることを口実にして、責任から逃れてはならない」と強調しました。

 こうした動きに対して、24日付けの「CRI時評」は、「感染症の予防・抑制が重要な時期に来ている今、『ウォール・ストリート・ジャーナル』のこうした行動からは危険なシグナルが伝わってくる。それはつまり、米国や一部の西側諸国では中国や華人を標的にした人種差別的な言行が息を吹き返そうとしていることだ。これは、世界における感染症を抑え込むための努力を破壊するだけでなく、世界の平和と発展にも隠れた弊害をもたらしかねない」という見方を示しました。そのうえで、「同紙の経営陣はしっかり研究、判断、反省をして、できるだけ早く実際の行動で手紙を寄せたスタッフや、中国と世界に対して説明責任を果たすべきだ。誤った執念で百年の歴史もある新聞社のブランドを傷づけたり、基本的な道徳と良心を忘れたりしてはならない」と訴えています。

 「ウォール・ストリート・ジャーナル」のこの論評に対して、復旦大学国際政治学部の瀋逸教授は「この文章は、西側の殖民思想の専門用語に満ちており、人種主義的な優越感を露にしている。このような論調が同紙の編集者の目にとどまったということからは、一部の米国のエリートに見られる中国への焦りが、ウイルスを利用してまでも中国の台頭を阻もうとする程度にまで発展してきたことを表している」と述べました。

 マサチューセッツ大学の歴史学者であるスティーブン・プラット教授は、「頭の正常な人なら、今日の中国を19世紀末の中国と混同させる人はいないだろう。これこそが(このタイトルが)侮辱しようとすることで、過去の恐ろしい時代を思い出させ、物事がすべて同じであることをある程度暗示をかけている」と分析しました。(提供/CRI)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】身内から火の手 ウォール・ストリート・ジャーナルはまだとぼけるつもりなのか

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、3日に発表した人種差別的な色彩を持つ中国を侮辱した論説により、国際社会でますます大きな怒りの炎を巻き起こしている。その炎は現在、自らの家中にまで燃え広がっている。 ウォール・ストリート・ジャーナルの従業員53人は20日、連名で同紙の経営陣...

CRI online
2020年2月25日 12時45分
続きを読む

モモをもらえばスモモで返す 上海歌舞団が日本へ応援メッセージ

中国が新型コロナウイルスによる肺炎と戦っている時、日本各界の人々が中国にたくさんの手を差し伸べ、支援物資だけでなく、温かい応援メッセージを数多く寄せてくれました。なかでも日本の伝統あるバレエカンパニー、「松山バレエ団」による応援動画は中国のネット上で大きな話題を呼びました。 動...

CRI online
2020年2月25日 11時30分
続きを読む

【CRI時評】中国の発展の潜在力が解き放たれるほど、世界経済はより安定

中国は23日、約17万人が参加する空前の規模のテレビ電話会議を開いた。新型コロナウイルス感染症対策と経済・社会の発展の統括的推進をテーマとしたこの会議で、中国の最高指導者である習近平国家主席は、「発展における中国の大きな潜在力と強いエネルギーを十分に解き放つことで、今年の経済・...

CRI online
2020年2月25日 11時10分
続きを読む

中国 野生動物の違法取引を全面禁止

中国の立法機関である全国人民代表大会常務委員会は24日午後、野生動物の全面的な取引禁止を取り決め、野生動物を食べる悪習を排除し、違反者を厳しく取り締まるとしています。この「取り決め」は24日から施行されます。 取り決めの詳しい内容は、野生動物保護法および関連の法律で、捕獲、取引...

CRI online
2020年2月25日 0時5分
続きを読む

両会議の開催延期が決定

このほどの新型肺炎の状況を踏まえ、感染予防・抑制を引き続き行なっていくために、全国人民代表大会常務委員会は24日午後、第13期全国人民代表大会第3回会議の開催を延期することを決定し、具体的な開催期日は後日決定すると明らかにしました。 また、新華社の24日の報道によりますと、同じ...

CRI online
2020年2月24日 23時0分
続きを読む

ランキング