Record China

ヘッドライン:

院内感染を効果的に減らす中国移動の5G医療・看護ロボットが出動

配信日時:2020年2月20日(木) 17時0分

華中科技大学附属協和病院、同済天佑病院はこのほど、5Gスマート医療・看護ロボット2台を迎えた。このロボットは医療従事者に協力し診察案内、消毒、清掃、薬の配達などの作業を行い、院内の隔離コントロール水準を高める。経済日報が伝えた。

サービスロボットと消毒・清掃ロボットが含まれるこの2台のロボットは、中国移動が達闥科技と共に上述した両病院に寄贈したものだ。

両病院は新型コロナウイルス肺炎患者の収容・治療を行う指定医療機関で、治療と救命の重責を担っている。院内で最も人の流れが激しく混雑するエリアは診察案内カウンターだ。ホールで診察案内をし、防疫知識を宣伝できる5GスマートG医療・看護ロボットは、診察案内係の多くの作業を分担できる。

消毒ロボットは感染エリア内で医薬品の配達ができ、また消毒薬を調合し床の消毒・清掃作業も行える。消毒ボックスを搭載した5Gスマート医療・看護ロボットは設定されたルートに基づき消毒・清掃任務を実行する。自動化操作により人的コストを節約し、清掃の効率を高めるだけでなく、作業員が長時間働くことによる院内感染のリスクも大幅に減らすことができる。

今回の新型コロナウイルスとの戦いにおいて、中国移動の5Gに基づく各種技術の応用が加速されている。5Gサーモグラフィー検温システム、5G/VR感染症遠隔診療、1億人以上のネットユーザーが「火神山医院」と「雷神山医院」の建設状況に関する5G高画質・リアルタイムライブ配信を視聴……科学技術が防疫にエネルギーを注入し、この感染症との闘いに一日も早く勝利できるよう後押しする。(編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング