Record China

ヘッドライン:

09年の新型インフル思えば、今の中国批判は「おかしい」 在中米国人が訴え

配信日時:2020年2月19日(水) 14時40分

中国で20年近く暮らすイタリア系米国人のマリオ・カヴォロ氏が5日、SNS「リンクトイン(Linkedin)」への書き込みの中で、米国で2009年に流行した新型インフルエンザ(H1N1)ウイルスと、中国で今流行している新型コロナウイルスとの状況を比較し、「今の中国を非難するのは『おかしい』」と英語で訴えました。この投稿がいま、ネットユーザーの間で話題になっています。

 米国で2009年に新型インフルエンザ(H1N1)が発生した際、米国政府は「緊急事態」を宣言しました。この年、米国では6000万人が感染し、1万8449人が死亡しています。また、関係機関が2012年にまとめた統計によれば、2009年の新型インフルエンザによる全世界の死者の数は最終的に30万人近くになったということです。

 これについてカヴァロ氏は「2009年の新型インフルエンザの大流行で『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』が宣言された時、米国への出入国禁止令は出されたか。中国やドイツ、日本、その他の国々は米国人観光客の入国を拒否したか。その答えは『ノー』だ」と指摘しています。

 また、「中国が新型肺炎と戦っている時に、中国と中国の人々を非難するような言動をとることは理解し難い。中国政府は社会、家庭、国民を守るため、莫大な経済的代価を払っている。世界は、危機に直面した中国の対応を称賛するべきだ」としました。

 カヴァロ氏は最後に「中国と中国の人々を支持する言葉も行動も無いのであれば、口を閉じていて欲しい」と綴りました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

【CRI時評】中国企業の生産再開は世界産業チェーンの安定維持にもつながる

韓国の現代自動車は2月初旬、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で中国からの部品供給が止まったため、国内の生産ラインを一時停止することを余儀なくされた。 2月17日に中国の一部の部品メーカーが操業を再開すると、現代自動車は、中韓両国政府が全力で協力するなどの後押しの下で、ほぼすべ...

CRI online
2020年2月19日 11時40分
続きを読む

軍医療隊が武漢に増員派遣 総勢2600人に

新型肺炎との戦いの最前線である武漢市を支援するため、軍の医療関係者1200人が増員されました。 今回、増員として派遣された医療支援チームは、17日に支援物資と共に武漢市に到着しました。 派遣されたのは、陸、海、空軍からの合わせて1200人の医療関係者で、成都市、蘭州市、上海市、...

CRI online
2020年2月18日 19時0分
続きを読む

中・欧定期貨物便が正常運行へ 今週中にも瀋陽を出発

遼寧省の省都・瀋陽市の瀋陽東駅で17日午前、運転が見合わせられていた中国と欧州を結ぶ定期貨物列車「中欧班列」X8059便への貨物の積み込みが開始されました。積荷は機械部品と軽工業品で、18日間かけてモスクワに向かうことになります。7両編成のこの定期便は今週中に正常な運行再開が予...

CRI online
2020年2月18日 18時20分
続きを読む

最高人民法院がオンライン訴訟に注力 背景に新型肺炎の流行

最高人民法院(最高裁)はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制期間への対応として、オンライン訴訟の体系化と強化に関する「通知」を通達し、オンライン訴訟に関する規則を明確化しました。各級法院のオンラインでの受理、調停、証拠交換、法廷審理、判決の言い渡し、書類送付などに関する...

CRI online
2020年2月18日 17時30分
続きを読む

ウイルスよりも怖いもの 理性的な一致団結を

新型コロナウイルスへの感染が引き起こす肺炎の発生後、中国政府は14億人を率いて、未曾有の勇気と決意をもって「見えない敵」との戦いを続けています。 湖北省武漢市では着工から20日も経たないうちに専門病院2棟が建設されたほか、既存の施設を活用するなどして数多くの臨時病院が設立されま...

CRI online
2020年2月18日 17時0分
続きを読む

ランキング