Record China

ヘッドライン:

【動画】華為の5G技術は民主制度を脅かすものではない

配信日時:2020年2月16日(日) 19時40分

 ドイツを訪問中の米民主党のナンシー・ペロシ下院議長は現地時間14日、ミュンヘン安全保障会議の初日に講演し、「各国が第5世代(5G)移動通信システムを発展させる中、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の導入を慎重に考えるべきだ。中国はファーウェイを通じて、デジタル独裁を目指している」と批判しました。

 同会議に出席している傅瑩全国人民代表大会外事委員会主任委員・前外務次官は席上、「中国は改革開放以来、数多くの西洋技術を導入してきた。しかし、中国の政治体制はこれらの技術による脅威を受けたことはなかった」と英語で反論しました。

 また、傅委員はペロシ議長に対して、「技術は一種の道具である。中国は40年前から改革開放を行い、数多くの西洋技術を導入した。マイクロソフト、IBM、アマゾンが中国に事業を展開している。中国は情報ネットワークの構築以降、1G、2G、3G、4Gを含むすべての技術は西側の先進国から導入したものであるが、中国の政治体制は全く影響を受けていない。なぜ、ファーウェイの技術を西洋諸国の5G構築に取り入れると、政治制度を脅かすことになるのだろうか。民主制度はこんなに弱いものと思っているのだろうか。ファーウェイのようなハイテク技術開発の会社だけで脅かされるものだろうか」と質問を投げかけました。

 この言葉を受けて、現場の参加者たちから傅委員に拍手が送られました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

疫病予防の中央支援物資の緊急対応を確保=食糧・物資備蓄局

国家食糧・物資備蓄局は16日、「我々は新型肺炎の感染が発生して以降、中央の支援物資の緊急対応を確保して、疫病予防・抑制に向けた戦いに力を入れていく方針だ」と示しました。 応急管理部の指示で1月28日から国家食糧・物資備蓄局は、累計で中央の支援物資17万8500件を調達しています...

CRI online
2020年2月16日 17時15分
続きを読む

王毅国務委員兼外交部長が韓国外相と会談=ミュンヘン

王毅国務委員兼外交部長は15日、ドイツで開かれているミュンヘン安全保障会議の出席期間中に、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談しました。 その際、王外交部長は中国における新型コロナウイルス肺炎の感染予防と抑制の最新状況について説明を行った上で、国際間の相互理解や連携の重要...

CRI online
2020年2月16日 15時15分
続きを読む

王毅国務委員兼外交部長が日本外相と会談=ミュンヘン

ドイツで開催中のミュンヘン安全保障会議に出席している王毅国務委員兼外交部長は現地時間15日、日本の茂木敏充外相と会談しました。 王外交部長はその際、中国の新型コロナウイルス肺炎との闘いに対する日本側の多大な支援と理解に感謝を伝え、「一衣帯水の隣国からの友情と温もりを感じられた」...

CRI online
2020年2月16日 14時55分
続きを読む

新型肺炎抑制における中国の努力を評価=WHO

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日、ドイツのミュンヘンで開かれている「ミュンヘン安全保障会議」で講演し、中国政府が新型コロナウイルス肺炎の感染抑制に払ってきた努力を高く評価したうえで、「中国が多大な努力と犠牲を払ったことは国際社会から認められるべきである」と強調し...

CRI online
2020年2月16日 14時25分
続きを読む

中国は全力で疫病を予防・抑制=崔駐米大使

米国駐在の崔天凱大使はこのほど、米公共ラジオ局(NRP)の朝のニュース番組のキャスターを務めるスティーヴ・インスキープ氏の取材を受け、中国の新型コロナウイルス肺炎の感染状況、中米関係などについて答えました。 崔大使は、「新型肺炎は中国だけでなく、国際社会とすべての国の政府にとっ...

CRI online
2020年2月16日 14時20分
続きを読む

ランキング