Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】中国の情報公開は透明か 事実がそれを物語る

配信日時:2020年2月16日(日) 10時55分
拡大
集中して開催される記者会見は、国際社会が感染症をめぐる中国の予防・抑制活動の状況を理解するための一つの窓口だ。 中国の中央政府は1月22日から、感染症の予防・抑制活動に関連する記者会見を25回以上開催している。湖北省を含む各地方政府も即時に記者会見を開き、関連情報を発表している...
(1/2枚)

 集中して開催される記者会見は、国際社会が感染症をめぐる中国の予防・抑制活動の状況を理解するための一つの窓口だ。

その他の写真

 中国の中央政府は1月22日から、感染症の予防・抑制活動に関連する記者会見を25回以上開催している。湖北省を含む各地方政府も即時に記者会見を開き、関連情報を発表している。

 中国は、公開透明の原則に基づいて情報を即時に発表することで、人々がより自信を持ち、伝染病に関する情報を理解し、しっかりと自己防衛できるようにするだけでなく、誤った情報やデマを即時に打ち消し、感染症の予防・抑制活動における障害を取り除いてもいる。

 中国は、世界保健機関(WHO)や関係国、香港・マカオ・台湾に対しても同様にこの原則に基づいて即時に感染症情報を通報し、遅滞なく新型コロナウイルスの全遺伝子配列を共有し、感染症の他の国々への蔓延を効果的に防いでいる。

 WHOのテドロス事務局長は14日、新型コロナウイルス肺炎の封じ込めに協力する国際的な専門家チームのすべてのメンバーが、今週末に中国に到着すると発表した。双方の専門家は、中国内外における感染症の予防・抑制活動で次に取るべきステップについて意見やアドバイスを提供する。とりわけ、ウイルスの感染経路や病気の重症度、対応措置への影響に関する理解に軸足を置く。これは明らかに、中国と世界が歓迎するポジティブな進展だ。

 感染症との戦いにおける中国の情報公開は透明か。事実がそれを物語っている。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

踊る!武漢臨時病院 健康づくりのステップはさらなる高みへと…

新型肺炎治療のため、武漢市の既存施設を改築するなどして設立された臨時病院(方艙医院)の数は9カ所となりました。臨時病院では比較的症状が軽い患者を主に受け入れており、現在入院中の患者の数は計5606人となっています。 ところで、中国の一部の人々にとって欠かせない生活習慣の一つに公...

CRI online
2020年2月15日 21時40分
続きを読む

米公共放送が駐米中国大使を取材 新型肺炎について対話

米国駐在の崔天凱中国大使は現地時間13日、米国のナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)の取材を受け、中国の新型肺炎対策などについて答えました。その内容を抜粋してご紹介します。聞き手:スティーブ・インスキープ氏(NPR司会者)話し手:崔天凱 駐米中国大使1.新型肺炎という危機へ...

CRI online
2020年2月15日 21時25分
続きを読む

金融業界による感染予防・抑制サポートの新措置は「各業界をカバー」

中国銀行保険監督管理委員会(略称:銀保監会)は15日、北京で、「新型肺炎の感染予防・抑制を支援する新しい金融サービスは各銀行をカバーする。零細企業全体の信用貸付の増加が新型コロナウイルスの流行に左右されないよう確保し、企業の操業再開のための信用貸付のサポートが強固なものとなるよ...

CRI online
2020年2月15日 18時35分
続きを読む

湖北省へ派遣の医療関係者、軍関係を除いても2万5633人に

国家衛生健康委員会の王賀勝副主任は15日、中国各地から湖北省へ派遣された医療関係者の数は2万5633人になり、救援の規模とスピードが共に四川大地震の時を超えていると明らかにしました。 王副主任は国務院新聞弁公室が武漢市で開いた記者会見で、「14日24時現在、各地から217組の医...

CRI online
2020年2月15日 16時30分
続きを読む

ランキング