Record China

ヘッドライン:

金融業界による感染予防・抑制サポートの新措置は「各業界をカバー」

配信日時:2020年2月15日(土) 18時35分

中国銀行保険監督管理委員会(略称:銀保監会)は15日、北京で、「新型肺炎の感染予防・抑制を支援する新しい金融サービスは各銀行をカバーする。零細企業全体の信用貸付の増加が新型コロナウイルスの流行に左右されないよう確保し、企業の操業再開のための信用貸付のサポートが強固なものとなるよう導く」と示しました。

 この日、国務院聯防聯控機制(新型肺炎対策における地域・部門連動型の共同予防・抑制メカニズム)が北京で開いた記者会見の中で、銀保監会の梁涛副主席は「14日正午12時現在までに、銀行業界と金融機関は新型肺炎の予防・抑制のために計5370億元の信用貸付を提供した」と明かしました。

 また、梁副主席は「近いうちに一連の新たな措置を打ち出し、感染拡大の影響が著しい業界のみに限らず、各業界、各種企業をカバーする。特に、困難の中にある零細企業を重視し、零細企業全体の信用貸付成長がウイルスの流行の影響を受けないよう確保する」として、企業の事業・生産再開を支持する金融機関からの信用貸付をさらに拡大する方向へ導くことを強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

湖北省へ派遣の医療関係者、軍関係を除いても2万5633人に

国家衛生健康委員会の王賀勝副主任は15日、中国各地から湖北省へ派遣された医療関係者の数は2万5633人になり、救援の規模とスピードが共に四川大地震の時を超えていると明らかにしました。 王副主任は国務院新聞弁公室が武漢市で開いた記者会見で、「14日24時現在、各地から217組の医...

CRI online
2020年2月15日 16時30分
続きを読む

新型肺炎の回復者から抗体発見 血漿を重症患者の治療に活用=医学専門家

武漢金銀潭病院の張定宇院長がこのほど、「新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができている」と明らかにしました。新型コロナウイルスへのワクチンや特効薬がまだ無い現在、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると見られています。 ...

CRI online
2020年2月15日 16時20分
続きを読む

WHO事務局長、第一線の医療スタッフに関心寄せる

スイスのジュネーブで現地時間2月14日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの感染状況についてメディア向けの説明会を行い、テドロス事務局長がオンラインで参加しました。 その中で、テドロス事務局長は「新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止措置に各側が取り組んでおり、現在...

CRI online
2020年2月15日 13時5分
続きを読む

【CRI時評】感染症と対峙している中国を、なぜ中傷しなければならないのか

「ニューヨーク・タイムズ」は最近、米国のタカ派政治家、ピーター・ナヴァロ国家通商会議ディレクターの発言を引用し、中国を「疫病の孵化器(インキュベーター)」と形容した。 2009年に米国で猛威を奮ったH1N1インフルエンザは最終的に全世界で6000万人が感染し、30万人近くが死亡...

CRI online
2020年2月15日 11時40分
続きを読む

李総理、人的移動がもたらす蔓延リスクの低減を強調

李克強総理が14日北京西駅を視察しました。李総理はその際、「感染予防・抑制対策を着実かつ綿密に実行し、多様な措置を講じて、人の移動がもたらす蔓延リスクを最大限に抑えていく」と強調しました。 そのうえで、「感染の予防・抑制対策は現在要となる段階に入り、大部分の地方では工場などの操...

CRI online
2020年2月15日 0時45分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング