Record China

ヘッドライン:

新型肺炎の回復者から抗体発見 血漿を重症患者の治療に活用=医学専門家

配信日時:2020年2月15日(土) 16時20分
拡大
武漢金銀潭病院の張定宇院長がこのほど、「新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができている」と明らかにしました。新型コロナウイルスへのワクチンや特効薬がまだ無い現在、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると見られています。 ...
(1/2枚)

 武漢金銀潭病院の張定宇院長がこのほど、「新型コロナウイルスに感染し回復した患者の体内に抗体ができている」と明らかにしました。新型コロナウイルスへのワクチンや特効薬がまだ無い現在、この抗体を含む血漿を利用した血液製剤が、新型肺炎を治療する最も効果的な手段になると見られています。

その他の写真

 また、国有医薬品メーカーである中国生物技術は13日夜、「厳格な生物学的安全検査や、ウイルス不活性化および抗ウイルス活性検査などを通して、臨床治療に使用する抗ウイルス血漿が生成されており、今後、重症者の臨床治療に投入される」と発表しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

WHO事務局長、第一線の医療スタッフに関心寄せる

スイスのジュネーブで現地時間2月14日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの感染状況についてメディア向けの説明会を行い、テドロス事務局長がオンラインで参加しました。 その中で、テドロス事務局長は「新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止措置に各側が取り組んでおり、現在...

CRI online
2020年2月15日 13時5分
続きを読む

【CRI時評】感染症と対峙している中国を、なぜ中傷しなければならないのか

「ニューヨーク・タイムズ」は最近、米国のタカ派政治家、ピーター・ナヴァロ国家通商会議ディレクターの発言を引用し、中国を「疫病の孵化器(インキュベーター)」と形容した。 2009年に米国で猛威を奮ったH1N1インフルエンザは最終的に全世界で6000万人が感染し、30万人近くが死亡...

CRI online
2020年2月15日 11時40分
続きを読む

李総理、人的移動がもたらす蔓延リスクの低減を強調

李克強総理が14日北京西駅を視察しました。李総理はその際、「感染予防・抑制対策を着実かつ綿密に実行し、多様な措置を講じて、人の移動がもたらす蔓延リスクを最大限に抑えていく」と強調しました。 そのうえで、「感染の予防・抑制対策は現在要となる段階に入り、大部分の地方では工場などの操...

CRI online
2020年2月15日 0時45分
続きを読む

中国人旅行者のシェンゲン圏入り 「制限の必要はない」=EU

欧州連合(EU)が加盟国の保健相による緊急会議で、「中国人旅行者のシェンゲン圏入りを制限する必要はない」と結論付けたことを受け、外交部の耿爽報道官は14日、これに歓迎の意を示しました。 欧州委員会のステラ・キリヤキデス保健衛生担当委員は現地時間13日、「現在の状況では、中国人旅...

CRI online
2020年2月15日 0時40分
続きを読む

医療スタッフの心身ケアに多様な措置

国家衛生健康委員会が14日北京で、2月11日現在、全国の新型コロナウイルスによる肺炎の感染者のうち、医療関係者が1716人に達したと明らかにしました。当局は、医療関係者の働く環境と休む場所の改善、医療スタッフの入れ替えなどにより、スタッフたちの心身のケアを確実に守っていくと示し...

CRI online
2020年2月15日 0時35分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング