Record China

ヘッドライン:

春の就職シーズン 企業の採用活動は「非接触型」が主流に

配信日時:2020年2月15日(土) 9時0分

オンライン求人や動画面接は別に目新しいものではないが、現在の新型コロナウイルスによる肺炎が企業の採用活動の全面的オンライン化を後押しすると予想される。「中国青年報」が伝えた。

2月6日、人的資源・社会保障部(省)弁公庁は通達を出し、各地域の事業機関・企業に対し、感染症対策期間における公開の採用活動はオンラインで実施するか延期し、オフラインでの直接の申込み、筆記試験、面接はしばらく実施せず、人が集まることで起きる交差感染のリスクを軽減するよう求めた。

多くの雇用機関・企業が求人数を減らさず、オンライン求人を行ったり、入社時期を遅らせたりしており、「非接触型」の採用活動を行うと発表した企業もある。インターンシップ情報プラットフォーム・実習僧が京東、滴滴出行、快手、デロイトトウシュトーマツなどの有名企業24社を対象に行った調査によると、企業の91.6%が、「上半期に新卒採用とインターンシップを行う計画」と答え、59%が、「春の採用活動の時期を遅らせる」と態度を明確にし、72.7%が、「オンラインの音声・動画を利用して面接を行う」とした。

2月11日、同部雇用促進司の張瑩司長は特殊な時期の採用求人活動に対して明確な要求を打ち出し、「あらゆる採用活動がすべてオンラインに移行する。雇用をめぐるサービスは終わらないし、オンライン求人も休まずに続く。仕事がほしい労働者はまずオンライン求人に応募し、仕事が見つかってから外に出るようにしてほしい」と述べた。求職者はこれから全面的にオンライン化した春の就職シーズンを迎えることになりそうだ。(編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

ランキング