Record China

ヘッドライン:

古代の壁画をけばけばしい原色で塗り替える、無残すぎる文化財“修復”―遼寧省朝陽市

配信日時:2013年10月19日(土) 16時46分
拡大
1/4枚
2013年10月17日、遼瀋晩報は記事「人々を激怒させた改修、朝陽市古刹の清代壁画の無残な“修復”」を掲載した。

その他の写真

遼寧省朝陽市の雲接寺は慎重雍正13年(1734年)建立の古刹だ。あるネットユーザーのブログエントリーによって、寺に残されていた壁画の無残な“修復”ぶりが明らかとなった。

一度失われた文化財を再び作り出すことはできない。その修復は慎重の上にも慎重を期す必要がある。だが雲接寺の修復は慎重さがかけらも存在しないどころか、「修復」という言葉に泥を塗るようなレベルだった。

改修された寺はまるで新築のよう、安っぽいペンキがぺったりと塗られている。壁画もけばけばしい色彩で描き替えられ、輪郭の線もかつての繊細さは失われ、シンプルなラインになっている。

この事態を告発したネットユーザーは「私は芸術を解しませんが、かつての壁画には飾り気のない美がありました。今の原色の壁画には我慢がなりません」と嘆いている。ネットには「許しがたい。貴重品をむちゃくちゃにした。修復ではなく書き直しだ」「これはもともとの絵の上に塗り直したのだろか。そのような破壊があったとするならばとても許せない」などの書き込みが寄せられている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

最先端トンデモ緑化技術再び=ペンキ一塗りではげ山があっという間に緑の山に―中国

2日、金羊網は陝西省渭南市華県のとんでもない緑化技術を取り上げた。鮮やかな緑ははげ山にペンキを塗ったもの。間違った緑化にしか思えないが、現地政府担当者は「最も先進的な緑化方法だ」と胸を張っている。写真は07年に話題となった雲南省富民県の緑化された山。

Record China
2010年9月3日 11時59分
続きを読む

「万里の長城もホワイトハウスも韓国のものか」と揶揄=対馬の盗難仏像を韓国が返還拒否―中国版ツイッター

26日、長崎県対馬市の寺から韓国に持ち込まれた盗難仏像について、韓国の大田地裁が「これを返還しない」とする仮処分決定を下した。報道は中国でも大きな注目を集めている。中国でも多くの貴重な宝物が海外流出しており、その返還問題などがしばしば話題になるからだ。

Record China
2013年2月28日 16時3分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング