中国の月探査、語ることは多くないがやっていることは多い―米メディア

Record China    2020年2月10日(月) 7時0分

拡大

7日、中国紙・環球時報は米デイリー・ビーストの記事を引用し、中国は月探査について多くを語ってはいないが、多くのことを行っているとする記事を掲載した。写真は月。

2020年2月7日、中国紙・環球時報は米デイリー・ビーストの記事を引用し、中国は月探査について多くを語ってはいないが、多くのことを行っているとする記事を掲載した。

記事は、1年1カ月前に中国の月探査機が月の裏側への着陸に初めて成功したことを紹介。探査機である嫦娥4号と探査車の玉兎2号は、多くの写真を撮り、綿花やジャガイモ、アブラナなどを栽培してイースト菌とハエの卵を育てるなどの興味深い実験を行ったが、「中国の真の計画は科学を超越している」と伝えた。

米国海軍大学の宇宙専門家であるジョーン・ジョンソン・フリーズ氏は、「中国はアジアの科学技術のリーダーとなることを目指しており、これを実現する上で宇宙分野以上に明確な分野はない」と語った。

その上で記事は、米国が声高らかに有人月面探査を目指すと宣言する中で、「中国の月探査は着実に進んでおり、発表する大胆な声明がますます少なくなる中で、実際の成果は増え続けている」と指摘。中国国家航天局は静かにその後の探査計画を進めており、嫦娥5号は今年中にも打ち上げられる見込みだと伝えた。嫦娥5号は、中継衛星を通してデータを送り返すだけの4号機と異なり、サンプルを収集して地球に持ち帰ることができるという。

米国は24年までの月面有人探査を目指しているが、「この実現には議会が300億ドル(約3兆3000億円)の経費を出すことが前提である」と記事は指摘。そして、「中国が有する長期的計画と持続可能性は米国にはないもの」「米国は必要な予算が不足している」との見方があることを伝えた。

また、宇宙探査をしたいと考える国々にとって、中国のモデルは魅力的だろうと記事は紹介。「憂慮する科学者同盟」の宇宙専門家であるGregory Kulacki氏は、「米国の指導的な地位が弱まるにつれ、その他の国々、特に日本とEU(欧州連合)はより独立した行動を考え、宇宙分野で中国と協力する可能性がある」との見方を示した。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携