新型コロナウイルス肺炎、イタリアの有名音楽学校「中日韓学生へのレッスン中止」で物議―米華字メディア

Record China    2020年2月2日(日) 13時50分

拡大

中国で発生した新型コロナウイルス肺炎が海外にも拡大する中、イタリアのサンタチェチーリア音楽院が「中国、日本、韓国を含む東アジアの学生へのレッスンを中止する」と発表し、物議を醸している。写真は武漢市内。

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が中国の他都市や海外にも拡大する中、米華字メディア・多維新聞の1日付報道によると、イタリアのローマにある有名な国立の音楽学校、サンタチェチーリア音楽院が「中国、日本、韓国を含む東アジアの学生に対するレッスンを中止する」と発表し、物議を醸しているという。

多維新聞によると、同音楽院は16世紀に創立された現存する世界で最も古い音楽教育機関の一つ。

ロベルト・ジュリアーニ院長は先月29日、全教員にメールで、「新型肺炎ウイルスへの感染予防のため、中国、韓国、日本を含む東アジアの学生に対するレッスンを中止する」と連絡した。

影響を受ける学生は81人に上り、教員や学生からは「人種差別だ」などと不満や驚きの声が上がっているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携