Record China

ヘッドライン:

韓国、昨年の経済成長率でOECD15位に?=ネットの反応は冷ややか

配信日時:2020年1月29日(水) 9時0分
拡大
27日、韓国・聯合ニュースは、韓国の昨年の経済成長率は2.0%で、「経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国中15位に該当する見通し」だと伝えた。写真はソウル。

2020年1月27日、韓国・聯合ニュースは、韓国の昨年の経済成長率は2.0%で、「経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国中15位に該当する見通し」だと伝えた。

記事は「OECDが昨年10月に公表した2019年の加盟国実質国内総生産(GDP)成長率見通しに、韓国やドイツなどすでに発表済みの国別GDPを反映したもの」で、「OECDの見通しがそのまま現実のものとなった場合の順位」だと説明している。

韓国の成長率は18年は2.7%だったが、順位は同率17位にとどまった。19年は成長率は前年より0.7ポイント下落したものの、順位は2ランク上がり15位になると予想されるという。記事は、「昨年は世界経済が鈍化しOECD平均成長率も2.3%から1.7%に下がる見通しだが、韓国の成長鈍化は相対的に大きくなかったためだ」と説明している。

予想の1~5位はアイルランド、ハンガリー、ポーランド、リトアニア、ルクセンブルクとなっている。米国は12位、日本は30位。

また、中国やインドなど途上国を含む主要20カ国(G20)での韓国の順位は5位と予想されている。1~4位は中国、インド、インドネシア、米国。日本は12位だった。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「昨年の1人当たりGDPは4年ぶりに減少した。それに、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の執権後、GDP成長率は下落している」「未来の子どもたちの時代のために、目を覚まさなければいけない。順位が上がったなんていうあきれた記事。メディアから変化していってほしい」「こんな成長率を、成長率だと言えるのか。莫大(ばくだい)な予算をつぎ込んで、この程度だというのに」「成長率2%のうち1.5%は公共分野、つまり税金による成長だ。民間分野の成長は0.3%に過ぎず、民間経済は成長していない。民間分野の成長はOECDで最下位だ。先進国はこの民間分野経済成長率を比較している。このことを知っておかなければならない」「今年も税金をどんどんむしり取って無駄遣いすればいい。そうすれば3%になるんじゃないか」など、厳しいコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング